「このレベルで戦えるように」サンウルブズ初キャップ、中野将伍の現在地 | ラグビージャパン365

「このレベルで戦えるように」サンウルブズ初キャップ、中野将伍の現在地

2020/02/06

文●編集部


SH齋藤直人とともに大学生プレーヤーとして正式にスコッド入りしたCTB中野将伍。出場したのは後半終了間際。元イングランド代表、ベン・テオらインターナショナルレベルの選手と鎬を削っている。試合後、「もっと長い時間試合に出たい」同世代ではスター選手だった男が、ネクストレベルでプレータイムを奪い取るために闘志を燃やす。

もっとアピールしたい

地元ってことで応援してくださる人も多くて幸せでした。自分がラグビーを始めた場所ですし、成長した姿を見せたかった。(東筑高の監督の畑井先生も来ていた?)はい! (早稲田大のメンバーも応援していたが?)力になりました。


――スーパーラグビーデビューを飾りました


(スーパーラグビーデビュー)素直に嬉しいです。これからもっと長い時間出場できるように、もっともっとアピールしていきたい。地元で試合ができたのは嬉しい。(体を当ててみて)何回かしかないですが、自分の持ち味はフィジカルなので、そこでアピールしていきたい。(今後への抱負)もっとフィジカルを全面にアピールして、全試合メンバーに入るように意識していきたい。

このレベルでしっかりと戦えるようにならないといけない。今日の相手を基準にしていかないといけない。フィジカルで戦う場面があまりなかった。次はもっとやっていきたい。プロのチームということで私生活からプロフェッショナルとしてやらないといけない。(目標は)次のワールドカップに出ることです。一日一日無駄にせず、サンウルブズからチャレンジしたい。

地元ってことで応援してくださる人も多くて幸せでした。自分がラグビーを始めた場所ですし、成長した姿を見せたかった。(東筑高の監督の畑井先生も来ていた?)はい! (早稲田大のメンバーも応援していたが?)力になりました。

目標は「次のワールドカップに出ること」

――スーパーラグビーデビューを飾りました


(スーパーラグビーデビュー)素直に嬉しいです。これからもっと長い時間出場できるように、もっともっとアピールしていきたい。地元で試合ができたのは嬉しい。(体を当ててみて)何回かしかないですが、自分の持ち味はフィジカルなので、そこでアピールしていきたい。(今後への抱負)もっとフィジカルを全面にアピールして、全試合メンバーに入るように意識していきたい。

このレベルでしっかりと戦えるようにならないといけない。今日の相手を基準にしていかないといけない。フィジカルで戦う場面があまりなかった。次はもっとやっていきたい。プロのチームということで私生活からプロフェッショナルとしてやらないといけない。(目標は)次のワールドカップに出ることです。一日一日無駄にせず、サンウルブズからチャレンジしたい。

――正スコッドになったときなにか言われた?


呼ばれて正式に言われました。(プレマッチで)できる限りのアピールをした。もっと試合に出られるように練習からアピールすることが大事です。年齢とか気にせずプレーしようかなと思っていました。もっと試合に出たいですし、アピールが必要だなと思います。


――元イングランド代表CTBテオのプレーは参考になる?


力強いですし、ずらしたり、行くときは行くしパスするところはする。間近で見ています。

中野将伍(なかのしょうご)
1997年6月11日、福岡県生まれ。186cm/73kg。早稲田大学(4年)。SH齋藤直人とともに早稲田大学を11シーズンぶりの日本一に導いた。東筑高校卒。高校日本代表、2017年には齊藤とともにジュニア・ジャパンに選出された。恵まれた体格を活かしたフィジカルを前面に押し出したアタックが魅力。1月に練習生として招集され、プレシーズンマッチでアピールし正式スコッドとなった。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ