「少ない時間だけども『小さな家族』として良いチームカルチャーを育んでいる」日本代表を目指す、ウィリー・ブリッツ | Rugby Japan 365

「少ない時間だけども『小さな家族』として良いチームカルチャーを育んでいる」日本代表を目指す、ウィリー・ブリッツ

2017/12/04

文●編集部


昨シーズンに続き、サンウルブズに参加するFL/NO8ウィリー・ブリッツ。南アフリカから来日し、チームのために、体を張る、熱いプレーでサンウルブズに欠かせない存在となっている。日本代表も現実的な話になってきたというウィリーがサンウルブズ、そして日本代表に対して思い描くものとは。

全部がうまくいけば、来年の11月から日本代表としての権利を獲得できる

昨年のブルーズ戦はゲームキャプテンを務めたブリッツ。チームファーストの献身的なプレーは一流だ。

昨年のブルーズ戦はゲームキャプテンを務めたブリッツ。チームファーストの献身的なプレーは一流だ。

新しいコーチの元、一緒にやれることは楽しみにしています。ジェイミーはスーパーラグビーで優勝を経験しています。本当にコンビネーションのチームを作っていて、彼らの元で学べることがたくさんあると思っています。もっと成長したい。もっとチームに貢献したいし、自分がチームに寄与する役割をもっと大きくしていきたい。

全部がうまくいけば、来年の11月のテストウィンドウ(に日本代表デビューができると)思います。コーチングスタッフに関しても、プレーヤーについても、堀江選手や、山田選手など(いきなり代表デビューというより、サンウルブズで一緒にプレーをしたほうが自分が代表に入ってもプレーが)やりやすいです。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ