「良くなればもっといいラグビーができる」サンウルブズ司令塔・SOヘイデン・パーカー | ラグビージャパン365

「良くなればもっといいラグビーができる」サンウルブズ司令塔・SOヘイデン・パーカー

2019/02/25

文●編集部


1点差で勝利を逃したヒトコムサンウルブズ。インターナショナルレベルのキックでワラターズを追い詰めたSOヘイデン・パーカー。後半38分のドロップゴールは誰もが昨シーズンのストーマーズ戦での逆転シーンを思い浮かべた。残念ながらボールをゴールポスト左をかすめたが、出場選手の代表キャップ数が200満たない中、キャップ数550を超えるワラターズを相手に僅差の勝負をしたことはホーム秩父宮の大観衆を大いに興奮させた。チームの司令塔であるパーカーが試合後に話したこととは。

まずはプレーの内容に関しては先週から非常に良くなった部分が多くなって満足しています。シンビンのところは、思うようにならなかったことが残念です。

――接戦の試合でした。


もともとワラターズとはタフな試合になると思っていました。経験もあり質の高い選手が多いチームなので、自分たちが勝つためには、本当にいいプレーをしないといけないと思っていました。良かった部分もあったし、チャンスを作り出すことができていましたが、勝利できなかったことが悔やまれます。


――ドロップゴールについて


おそらくそういった場面を想定して練習していたが外れてしまいました。これがスポーツです。こういうこともあります。だからこそ、練習を続けて次は結果を出したいです。実際、あの流れはいいキャリアーしていたし流れもあった。早くボールほしかったが、ラックでスローダウンしてしまいました。私はコールしてしまい、その間にプレッシャーをかかってしまったのかなと思います。


 

――スクラムを起点にサインプレーからトライを挙げたシーンは


スクラムのところからの距離がちょっと取れてなかったですが、結果的にいい方に転じたかなと思います。


――今後改善すべきところは


まず先週と比べて今週良くなったのがセットピースです。これは、続けていきたい。先週はハンドリングエラーが多かった。今日も多かったが、できるかぎり少なくしていきたい。いろいろ整理しているところですが、良くなればもっといいラグビーができると思うので継続していきたいです。


ヘイデン・パーカー(Hayden PARKER)
1990年11月19日、ニュージーランド。所属は神戸製鋼コベルコスティーラーズ。175cm/82kg。精巧なキックは大きな武器。驚異のキック成功率96%(サンウルブズ在籍・2018-19シーズン・13試合に出場)を誇る。2015年、パナソニックワイルドナイツへ入団するもその翌年にスーパーラグビー・ハイランダーズ入りしたため、日本国内の居住年数が足りずワールドカップ2019に、日本代表として出場することはできない。それでもサンウルブズの勝利には欠かせないキープレーヤーであることは間違いない。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ