サンウルブズ・SOヘイデン・パーカー「キックは『練習あるのみ』。来シーズンもチームに戻ってくることを考えている」 | Rugby Japan 365

サンウルブズ・SOヘイデン・パーカー「キックは『練習あるのみ』。来シーズンもチームに戻ってくることを考えている」

2018/07/16

文●編集部


スーパーラグビー、ヒトコムサンウルブズは2018シーズンを終えた。チームの司令塔として、プレイスキック成功率が驚異の90%超えというインターナショナルレベルのプレーでチームに貢献したSOヘイデン・パーカー。彼のプレーは今シーズン、トップリーグ、神戸製鋼コベルコスティーラーズで見ることができる。

――今季、初めてのサンウルブズでしたが大活躍でした


本当に楽しむことができました。素晴らしい時間を過ごせたし、素晴らしいチームの一員となって戦うことができて嬉しく思います。いろんな文化の背景の選手が入って来ましたが全員が一丸となって、お互いが楽しみながら過ごせたシーズンでした。


――サンウルブズはどんなチーム?


本当に世界のチームを見ても稀な特徴持ったいろんな文化が混ざり合ったチームで、貴重な経験ができるチームだと思います。このままチームが発展してほしい。


――プレースキック素晴らしかった。蹴る時に何を考えている?


自分のキックのルーティンがあって、いつも同じことを頭に言い聞かせて蹴っています。あまり入るか入らないか結果のこと考えないで、毎回、同じようにボールを蹴ること考えていて、それができれば結果はおのずとついてくる。


――キックのコツは?


練習あるのみです


プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ