36得点をあげたSOヘイデン・パーカー「コーチの意図していることを選手たちは理解し、それを今日は十二分に実行できた」 | Rugby Japan 365

36得点をあげたSOヘイデン・パーカー「コーチの意図していることを選手たちは理解し、それを今日は十二分に実行できた」

2018/05/12

文●編集部


ヒトコムサンウルブズは、ホーム最終戦で見事レッズに快勝した。7PG5G1Tと36得点をあげたSOヘイデン・パーカー。すべてのプレイスキックを決めチームの勝利に貢献した。


これまでの試合でも今日のようにやりたかったけどやれないことが多かった。けど、今日はそれがうまくやれた前半だったと思います。

アタックというのは常に得点をする、というメンタリティーで行っています。 それと同時にアタッキングキックというのは、ボールを前に進めることができるということもありますし アタックにおいて自分たちがやりたいコンペティションを実行する上で とても有効だと思います。

――得点差がある場面でもショットを チームとしては選択しました。そして全てのショットを決めたことについてどう思いますか


ショットを任されていつもと同じようにやるだけでした。 ボーナスポイントについてはあまり考えていませんでした。チームとして勝利をすることだけをフォーカスしていましたから。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ