リーグワンアワード2022・年間MVPには堀江翔太 | ラグビージャパン365

リーグワンアワード2022・年間MVPには堀江翔太

2022/05/31

文●編集部


NTTジャパンラグビーリーグワンは、埼玉パナソニックワイルドナイツの優勝でシーズンを終えた。一夜明けた30日、年間表彰式が都内で行われ、MVPには堀江翔太(埼玉パナソニックワイルドナイツ)、新人賞には根塚洸雅(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)が選ばれた。また、ベストフィフティーンを始め各が発表された。

MVP・堀江翔太(埼玉パナソニックワイルドナイツ)

MVP・堀江翔太(ワイルドナイツ)

MVP・堀江翔太(ワイルドナイツ)

賞金100万円が渡された

賞金100万円が渡された

新人賞・根塚洸雅(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)

新人賞・根塚洸雅(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)

新人賞・根塚洸雅(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)

ベストフィフティーン

錚々たる面々のベストフィフティーン

錚々たる面々のベストフィフティーン

PR1 稲垣 啓太(埼玉パナソニックワイルドナイツ)

全て(ファン・メディア・監督HC・主将)の部門で1位を獲得。

全て(ファン・メディア・監督HC・主将)の部門で1位を獲得。

次点:三上正貴、岡部崇人

HO 堀江 翔太 (埼玉パナソニックワイルドナイツ)

全て(ファン・メディア・監督HC・主将)の部門で1位を獲得。

全て(ファン・メディア・監督HC・主将)の部門で1位を獲得。


次点:庭井祐輔、坂手淳史

PR3 オペティ・ヘル クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)

全て(ファン・メディア・監督HC・主将)の部門で1位を獲得。

全て(ファン・メディア・監督HC・主将)の部門で1位を獲得。


次点:垣永真之介、小鍜治悠太、平野翔平

LO ジェイコブ・ピアス (東芝ブレイブルーパス東京)

主将部門で1位

主将部門で1位

LO ジョージ・クルーズ (埼玉パナソニックワイルドナイツ)

ファン部門で1位を獲得

ファン部門で1位を獲得


次点:ハリー・ホッキングス*監督HC部門1位

FL コーバス・ファンダイク (横浜キヤノンイーグルス)

ファン、主将部門で1位を獲得

ファン、主将部門で1位を獲得

FL マット・トッド (東芝ブレイブルーパス東京)

次点:リーチ・マイケル

NO.8 クワッガ・スミス (静岡ブルーレヴズ)


次点:姫野和樹、アマナキ・レレイ・マフィ*監督・HC部門1位

SH 小川 高廣 (東芝ブレイブルーパス東京)

メディア・主将部門1位

メディア・主将部門1位


次点:齋藤直人*ファン部門1位、流大、福田健太*監督・HC部門1位

SO アイザック・ルーカス (リコーブラックラムズ東京)

ファン部門1位を獲得

ファン部門1位を獲得


次点:松田力也*メディア部門1位、バーナード・フォーリー

WTB マリカ・コロインベテ (埼玉パナソニックワイルドナイツ)

監督HC・主将部門で1位を獲得

監督HC・主将部門で1位を獲得

WTB 根塚 洸雅 (クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)

次点:ジョネ・ナイカブラ

CTB ディラン・ライリー (埼玉パナソニックワイルドナイツ)

全て(ファン・メディア・監督HC・主将)の部門で1位を獲得。

全て(ファン・メディア・監督HC・主将)の部門で1位を獲得。

サム・ケレビ (東京サントリーサンゴリアス)

次点:李承信

FB ダミアン・マッケンジー (東京サントリーサンゴリアス)

全て(ファン・メディア・監督HC・主将)の部門で1位を獲得。

全て(ファン・メディア・監督HC・主将)の部門で1位を獲得。

次点:イズラエル・フォラウ*主将部門1位、野口竜司

得点王:ダミアン・マッケンジー(東京サントリーサンゴリアス)

得点王・ダミアン・マッケンジー(サンゴリアス)

得点王・ダミアン・マッケンジー(サンゴリアス)


191得点(7T/48G/20PG)

最多トライゲッター:ディラン・ライリー、山下楽平 11トライ

最多トライゲッター・ディラン・ライリー(ワイルドナイツ)

最多トライゲッター・ディラン・ライリー(ワイルドナイツ)

最多トライゲッター・山下楽平(スティーラーズ)

最多トライゲッター・山下楽平(スティーラーズ)

ベストキッカー:エスピー・マレー(横浜キヤノンイーグルス)

ベストキッカー:エスピー・マレー(横浜キヤノンイーグルス)

ベストキッカー:エスピー・マレー(横浜キヤノンイーグルス)


92.1%(PG:10回中8回成功、G:28回中27回成功)

ベストラインブレイカー:根塚洸雅(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)

ベストラインブレイカー:根塚洸雅(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)

ベストラインブレイカー:根塚洸雅(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)


22回

ベストタックラー:小澤直輝(東京サントリーサンゴリアス)

ベストタックラー:小澤直輝(東京サントリーサンゴリアス)

ベストタックラー:小澤直輝(東京サントリーサンゴリアス)


87.3%

優勝ヘッドコーチ賞

優勝ヘッドコーチ賞:ディビジョン1、ロビー・ディーンズHC

優勝ヘッドコーチ賞:ディビジョン1、ロビー・ディーンズHC


ディビジョン1:ロビー・ディーンズ(埼玉パナソニックワイルドナイツ)
ディビジョン2:水間良武(花園近鉄ライナーズ)
ディビジョン3:徳野洋一(豊田自動織機シャトルズ愛知)

ベストホイッスル賞:久保修平

プレーヤーズ・チョイス・プライズ

トップリーグではなかった、全24チーム、506名の選手たちによって選ばれた賞


プレーヤー・オブ・ザ・シーズン

ディビジョン2:クウェイド・クーパー(花園近鉄ライナーズ)

ディビジョン2:クウェイド・クーパー(花園近鉄ライナーズ)


対戦相手として、最も苦しめられた選手に贈られる賞

ディビジョン1:堀江翔太(埼玉パナソニックワイルドナイツ)
ディビジョン2:クウェイド・クーパー(花園近鉄ライナーズ)
ディビジョン3:パディー・ライアン(宗像サニックスブルース)

ゴールデンショルダー

ゴールデンショルダー:山本凱(サンゴリアス)

ゴールデンショルダー:山本凱(サンゴリアス)


実際に受けたタックルから選ぶベストタックラーに贈られる賞

ディビジョン1:山本凱(東京サントリーサンゴリアス)
ディビジョン2:野中翔平(花園近鉄ライナーズ)、マイケル・リトル(三菱重工相模原ダイナボアーズ)
ディビジョン3:森山皓太(中国電力レッドレグリオンズ)

ゴールデンショルダー・マイケル・リトル(ダイナボアーズ)

ゴールデンショルダー・マイケル・リトル(ダイナボアーズ)

ゴールデンショルダー:森山皓太(レッドレグリオンズ)

ゴールデンショルダー:森山皓太(レッドレグリオンズ)

社会貢献賞

NTTコミュニケーションズ・シャイニングアークス浦安東京ベイ

受賞理由:遠隔操作型の分身ロボ、「オリヒメ」を使ったラグビー選手と地域の人々をつなぐ新しいコミュニケーションの先進的な取り組み。スポーツの未来への可能性を感じさせた。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ