粘りの法政DF、東海大は前半圧倒するも後半は苦戦。課題は成長の糧に。 | ラグビージャパン365

粘りの法政DF、東海大は前半圧倒するも後半は苦戦。課題は成長の糧に。

2020/10/17

文●編集部


17日、東京都・江戸川陸上競技場では関東大学リーグ戦の2試合が行われた。昨シーズン1位の東海大学は法政大学と対戦。前半5分に東海大がペナルティートライで先制するとその後2連続トライ。いきなりリードを広げるも、その後法政大も1トライ1ゴールを返し、21-10で前半を終える。後半も東海大がゴール前ラインアウトモールから山田生真のトライでリードを広げるも、法政はルーキーWTB石岡玲英(1年・御所実)が相手パスをインターセプトしてトライ。後半18分に東海大はPGを決め31-19とするも、流れは法政大へ。果敢に法政大が攻撃を見せるも得点には至らずそのまま試合終了。31-19で東海大が勝利し、3連勝を果たした。

東海大学 木村季由監督


リーグ戦始まって、3試合目で初めてスタジアムで試合を行うという状況でした。こういうコンディションの中でどれだけ、自分たちがやっていることがだせるかなと一つの大きなテーマでした。今シーズンはこうやって一戦一戦上がっていくしかないので、より今日はシンプルな戦い方で臨みました。

前半5分、東海大がペナルティトライで先制

前半5分、東海大がペナルティトライで先制

法政さんの粘り強さもあるんですが、うちの詰めの甘さというか、自分たちの形が出ているときはいい状態で攻撃もディフェンスもできるんですけど、なにか原因があるんでしょうけど、うまくいかないところがあると、まだまだ脆い部分がみれる状況でした。今日見えた課題をもう一度確認して次に望んでいきたい。

――スクラムで苦戦したこと


ちょっとやっぱり、いろんな相手と組んでいない。今年のチームはスクラムが強いチームではないので、そういう意味では、こういう経験がいかに練習の中で数値を上げていくことができるか。相手というよりも、自分たちに原因があるのではないかと思います。しっかり修正していきたい。


――フィジカルの手応え


ゲームのパフォーマンスがいきて初めてフィジカルの優位性が評価されるもんだと思います。そういう意味では、80分通して相手にプレッシャーを与えられ続けたかというとまだまだなところだと思います。一人ひとり積み上げているものがあるので、そこは試合の中で出せるようにしてほしい。

東海大学 NO8吉田大亮キャプテン(4年)

今日の試合は、自分たちのやるべきことを明確にして試合に挑みました。ゲーム入りはは自分たちのやるべきこと、やりたいことが全うできて、自分たちの時間帯にすることができました。中盤で、法政大学さんのしつこいディフェンスと、素早いターンオーバーからの継続力にやられてしまい、自分たちの時間帯を失ってしまいました。

試合を終えて、自分たちの課題も出てきましたし、次も勝利するために、明日から一日一日積み重ねって行きたい。

――スクラムで苦戦していたことについて


東海大学として、スクラムに注目されるのは我々も嬉しいことですが、それは今年のチームが積み上げてきたというわけではないので、これから確立していく中で、いろいろな相手と組ませてもらって、選手権の出場をまずは決めてから一歩一歩成長していくと思います。
ここではいっぱい経験して、レフェリーも含め相手ありきという部分もあるので、まずは自分たちにベクトルをむけてこれからセットプレーを強くしていきたい。

――フィジカルの手応え


フィジカルが得意なチームということではまだまだ足りていない。相手に対してどれだけ圧倒できているか、コンテストの場面。ブレイクダウンの場面、一つ一つの局面、ボールをもっている場面だけが見られやすいですが、それ以外のボールを持っていないプレーヤーのスピードだったり、そういうスキル的な部分もまだまだ足りていない。スキル部分を高めていくことで、フィジカルが強みだと初めて言えると思います。そこは自分たちの強みにしていきたいので、これからも積み重ねていきたい。

東海大学 丸山凛太朗(3年)


今日の試合は、自分たちがやろうとしてきたことができた時間帯とできなかった時間帯がありました。特に後半は、法政大学さんのペースに飲まれたかなと思います。勝ち切れたことが何よりも収穫かなと思います。


――雨の中、キックとランのバランスをどう組み立てていったか。


今日は雨という試合だったので、敵陣で試合をしようと思っていました。相手が4トップでつめてくるというのもわかっていた。試合前からWTBにライン際に立っておくようにと声をかけていました。そしてWTBからコールをもらってそういう判断になりました。

――インターセプトの場面

攻撃が淡白になっていて、そこで、相手のディフェンスにうまくハマってしまった。


――後半攻めきれなかった理由と、プレー選択について、考えていたことと違ったことがありますか。


攻めきれなかった要因の一つは、自分たちのハンドリングエラーや、ラインの深さの調整であったり、前半はできていた部分でも後半、雨が降っていたこともありうまく行かなかった。後半のプレーのチョイスは、今日はFWでラインアウトなどでプレッシャーかけられていたので、とにかく敵陣でプレーしようと話をしていました。

――チームが解散してからの収穫


一人ひとりの個のレベルアップだと思います。僕自身も、体が大きくなっていますし、チームプレーや連携は練習できなかったですけど。


法政大学 駒井孝行監督


前半は、1対1のあたりのところで食い止められるところがありました。またラインアウトモールで劣勢になり、中々点が返せないところがありましたが、後半、あたりにも慣れ、タックルも決まり、ランアンドキックで追い上げましたが、一歩及ばずというところでした。また次戦にむけて悪いところの課題が見えてきたので頑張っていきたい。


法政大学 FB根塚洸雅キャプテン(4年)

今日は雨の中の試合ということで、スリッピーな状態の中で行われることは想定していました。そこを入り、やりきれなくて、最初失点をしてしまったのが敗因だと思います。相手はコンタクトが強いということは知っていたので、そこへの対策はしっかりできていて、自分たちのラグビーができていたのでそこはポジティブに捉えています。次、雨の試合があったら、エリア取り、という部分を改善していきたい。


法政大学 山下憲太バイスキャプテン(4年)


雨の試合ということでFW戦になるということを想定していたので、FWで圧倒しようと練習から話をしていました。思うようにいかない部分があって、どんどん崩れてしまう場面がありました。次の日大戦もFWが強いチームなので、FWで勝てるように試合を勧めていきたい。

MEMBER

 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ