苦しい状況でも勝ち切る明治-筑波はこの経験を若いFWが次に活かす | ラグビージャパン365

苦しい状況でも勝ち切る明治-筑波はこの経験を若いFWが次に活かす

2020/10/18

文●編集部


18日、関東大学ラグビー対抗戦、熊谷ラグビー上では明治大と筑波大が対戦した。明治は途中14人となる劣勢の状況も「特別な対応策ではなく、いつも八幡山でやっているように100%で戻ってパニックにならずにディフェンスできていた」(田中澄憲・明大監督)というように、筑波BK陣の攻撃をFB石田のジャッカルで最大のピンチをしのいだ。筑波は前週、帝京大に大きくリードされて敗れた課題を一週間で切り替え、最後まで肉薄する戦いに持ち込んだ。WTB仁熊、増山、CTB岡﨑、谷山、FB松永と得点力のあるランナーを中心にゲインをきるも、自身のペナルティーで取り切ることができず追い詰めることができなかった。試合は33-17で明治が勝利した。

HIGHLIGHT

「今シーズン初めてのタフなゲーム。毎試合、成長できるかがキーになる」田中澄憲監督・明治

スタジアムということで、独特の緊張感だったり、空気感があったんじゃないかなと思います。今年の筑波大学さんはタフで強いチームだとわかっていた。こちらも強いプレーを選択して後半勝ちきるというのが今日のゲームプランでした。

前半は想定通りでしたが、後半、いいプレッシャーもありましたが、こちらのAゾーン(相手の22mエリア内)でミスがいくつかあり取り切れなかった。筑波さんには最後まで粘られてしまった。

ただ今シーズン初めてタフなゲームを経験しましたので、今年は毎試合、成長できるかがキーになると思いますので、この経験を次の慶應大学戦に活かして、一試合一試合成長したいと思います。

――今日の試合をもって慶応戦にむけて何を成長させたい


筑波大戦もそう。慶應も接点の部分は激しい。ブレイクダウンも。今日もブレイクダウンでいくつかターンオーバーされました。次戦に向けてしっかりと取り組んでいかないといけない。

相手のディフェンスのプレッシャーがあるので、トライを取り切るというのは、数少ないチャンスをしっかり仕留めるのがこれからプレッシャーゲームになってくるにあたり大事だと思います。精度あげていかなかればならない。

――SO池戸(将太郎・1年)から齊藤(誉哉・2年)に変えた意図とシンビン中にしっかり戻ってジャッカルで守りきったという点について


池戸は1年生ですけどよくやっています。山沢(京平)が普段やっているポジションなのでそこはプレッシャーも負担も大きいかなと思います。この試合プレッシャーかかる試合でしたので、そのプレッシャーを分散させるためにも、後ろに昨年1年経験している斎藤がいるということもいい経験になると思ったのでメンバーを入れました。

シンビン起きたときは特別な対処法というものはなくて普段八幡山でやっているように、ラインブレイクされたら、100%で戻ってパニックしないでディフェンスする。それが出たかなと思います。

「1点差でも勝てばいい。勝ち切れたのがいい経験。課題がたくさん見つかった」明治大学・箸本龍雅キャプテン

個人的にもチーム的にもそんなに点差は広げることができなかったがいい試合ができたなと思っています。今日の試合は見てもらったらわかるとおり、結構、明治やられていると思われがちですが、個人的には1点差でも勝てばいいと。対抗戦なので。勝ち切れたのがいい経験になったと思いますし、課題がたくさん見つかったので、1週間あいて試合があるのでプラスに捉えて、チームとしては厳しい気持ちをもっていこうと気が引き締まる試合になりました。

――スクラムについて


前3列は去年から総入れ替えになりましたが、僕たちがフォローするというよりリザーブもメンバー外も含め、危機感持ってやっている逆に引っ張っていけるくらいの3人が揃っていると思います。


――後半7点差でシンビン出たときどんな声をかけていたか


相手の筑波いいBKいるので、もともと意識していましたが、もっと早いディフェンスをしてクイックセットして前に出て行こう。よりコミュニケーションをとろうという話をしました。逆にシンビンでたときの方がいいディフェンスできたんじゃないかなと思います。

――カード出て、ボールキャリーの回数が増えたのが印象的でした。激しくいったのはなにか。


僕自身、ボールキャリーが強みなので、継続したいという気持ちとアタックすれば時間を使えますし、アタックの起点になるようにボールをたくさんもらうように意識しました。そこまで余裕がなくてあまり周りをみえてはいなかった。


――ブレイクダウンについて

筑波がBD強いというのは、前々から話していた、強いところ出る意図的。そこはFWあてて 広いスペースを使うという準備してきたつもりでしたが、ブレイクダウンでクイックボールでだせなかったのが課題です。アタックが上手くいかなかったのはブレイクダウンのプレッシャーをうけたからだと思います。

明治大学 LO片倉康瑛・MOM

試合の感じや久しぶりのスタジアムということですごく楽しかったです。初めて、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれて嬉しい限りです。バイスキャプテンとして、特にユニットの部分で引っ張っていきたいと思っているのですが、前半のスクラムだったりラインアウトプレッシャーだったり練習でやったことできたのはよかった。モールだったりスクラムリザーブ入ったところで課題が出たと思います。こいういうところ八幡山に戻ってビルドアップしていきたい。



――スクラムについて


去年スクラム武器でしたが、去年と比べるのではなく、HOの選手中心に僕たちを引っ張ってもらっている。

「ゲイン切ったシーンで少しそこで取り切るというBKの意識が強すぎてチャレンジしてしまいボディポジションを崩されたところでやられてしまった」筑波大・嶋崎達也監督・

FL中田のトライで一時は逆転するも…。

FL中田のトライで一時は逆転するも…。

帝京戦で出た課題を明治にぶつけるつもりでした。いい部分もありましたがFWのプレッシャーで最後つきはなされた状況でした。本当に全員誇らしく、体を当ててくれたと思っています。次に生かしたいと思います。


――BKでゲインをきれて、ゴール前でワイドブレイクダウンでターンオーバーされたのは何が原因だったのか。


明治さんがボールに絡みに来ることは想定していました。ゲインを切らない場面ではある程度対応できていましたが、ゲイン切ったシーンで少しそこで取り切るというBKの意識が強すぎてチャレンジしてしまいボディポジションを崩されたところでやられてしまった。そこが修正できなかったというのが今回もう一歩迫れなかった原因かなと思います。

――シンビン中にトライを一本取りたかった


はい。そこは取りたかったですが、さきほどの岡﨑の話でもありましたが、自分たちのペナルティで自分たちが使うプレーがだせなかったのは自分たちに問題があったので、そこは見つめたいと思います。



――後半試合終了間際にトライ取られた後でも相手のキッカーにプレッシャーをかけに行く姿が印象的でした。


これは、帝京戦に突き放された後も4年生を中心に声を出して若いプレイヤーを鼓舞して戦ってくれたと思っています。引き続きこのゲームでもどんな点差になろうがプライド持ってぷれーしようと4年生がひっぱってくれているので。どんな点差になっても体はっていこう、泥臭くいこうということを示してくれた姿勢だと思います。

先週は欠場したCTB谷山(1年)。

先週は欠場したCTB谷山(1年)。

――今日はチームとしてメンバーのコンディションはどうだったのか。


松永は直前の練習でケガ。谷山の場合は、慶應戦での打撲の回復を待った結果、やっとこの試合に戻ってきたという感じです。100%のコンディションということは他のチームも含め、ないと思いますが、谷山は戻してきてくれました。今週、練習できていないメンバーもいますが、この3連戦本当に厳しい戦いだったが、それ以外の選手が仮想帝京、明治を準備してくれて、筑波の上のチームにしっかりプレッシャー、危機感与えてくれて臨めていると思います。帝京戦でも、明治戦でも繰り返していい準備してくれたと思います。コンディションはできるかぎりみんなどうにかやってくれたと思いました。

――大学選手権を想定してFWやセットプレーについて、今後上積みは?


大学の方も8月から再開して、正直予想がつかない状況でした。この3連戦にすべてストーリー組んで準備してきたというのがすべてです。これからは正直考えていないです。ここからゆっくり考えてこの3連戦を振り返って、今後の対戦相手を考えながら準備していきたい。ただ、
若いFWが多かったのでこれは大きな経験になったと思っています。本当に(相手が)勝ちに来たのでそこを経験したプレイヤーが必ず(次に)いかしてくれると思っています。

「厳しいこの3連戦で成長できたが、結果に至っていない」筑波大・CTB岡﨑航大キャプテン

うちとしましては明治に対して接点で激しくぶつかってBKで取り切るというゲームプランでした。プレッシャーの中、いい部分もあったし、前にでられる部分ありましたが自分たちのリズムに乗れなかったのが今日の敗因だと思っています。本当に厳しいこの3連戦の中で成長できたんですが最後結果にいたっていないということなので、次に向けて準備したい。

――帝京戦終えてからどういう話し合いをしてマインド切り替えて今日の試合に望んだのか。


帝京戦を終えて課題だったのが接点。本当に1週間でその部分に対してマインド作る練習やってきました。接点で明治と戦うマインドだけに絞ってやってきました。


――試合終了間際にトライを奪われたあとのコンバージョンキックに対する最後のプレッシャーにいった場面は


本当に下級生の方からプレッシャーいくぞという話がありました。試合中、4年生が中心になって下級生を盛り上げているのがうちのチームで、最後の最後まで『ハード』(チームスローガン)するのがあのシーンに至ったのかなと思っています。

――帝京戦でのダメージはあったんじゃないかなと思っていましたが、コンディションはどうでしたか?


初戦から慶應の激しいコンタクトに対して当たっていった。初戦からダメージあって、帝京もコンタクト強いチームでダメージありました。試合終わった次の日から自分の管理、リカバリーに関しては選手全員意識高く臨んでくれたと思います。それが、筑波の強みでもありますし、自律心がけてくれて選手頑張ってくれた。


MEMBER

 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ