「うまくいかない時でもチームとしてすぐにコネクトできる」FL徳永祥尭 | ラグビージャパン365

「うまくいかない時でもチームとしてすぐにコネクトできる」FL徳永祥尭

2019/08/04

文●編集部


トンガ戦に先発出場したFL徳永祥尭。試合開始からボールキャリーとして積極的にアタックしゲインを切った。さらに前半、ヴァルアサエリ愛のトライを後押しするようボールキャリーのサポートしてもワークレート高いパフォーマンスを見せた。熾烈なポジション争いの中でもしっかりと自分のプレーを遂行し、ワールドカップスコッド入りを目指す。

以前試合始まる前にいっていたとおり、トンガが前に出てくることに対し、しっかり押し戻せたかなという部分もあります。今回、ボールに絡むことと、下に入ることができたことで(相手を5mくらい押し返した)シーンにつながったかなと思います。

――ジェイミーHCのお母さんが亡くなられたことについて。何か意識したプレーはありますか?


個人的にはやることは変わらないし、自分たちが勇気あるプレーをすることでジェイミーとジェイミーのお母さんにメッセージを送ることができるかなと思ってプレーしました。そこまで重く受け止める必要はない、とリーチさんがいってくれたました。

なので自分たちの役割、やるべきことを各々3つ決め、それを意識してやることでいい結果に結びつく、といいつづけて準備してきました。とにかく自分たちにフォーカスして準備することができたと思います。


(2試合連続で良い内容の試合ができたことについて)宮崎での33日間の合宿で自力がついてきたかなと思います。話をする時間が増えていますね。これまでより選手主体のミーティングする時間も増えていますし。練習終わった後に、良かった点、悪かった点を振り返ることができているので、ミスがおきた時やうまく噛み合っていないときはチームでつながることがいち早くできています。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ