「皆が同じ絵を見られるようになってきた」トンガ戦快勝・SH流大がチームの好調ぶりを振り返る | ラグビージャパン365

「皆が同じ絵を見られるようになってきた」トンガ戦快勝・SH流大がチームの好調ぶりを振り返る

2019/08/04

文●編集部


ジェイミージャパンリーダー陣の一人、SH流大がトンガ戦に先発。チームのゲームプランは「ボールインプレイを増やしていくこと」実際に試合に入り相手の様子を観察し、流は事前に想定していた「裏のスペース」にキックでボールを流し込み「スマートにエリアをマネジメント」するよう「マイナーチェンジ」を行った。

先週の釜石でのフィジー戦に続き、素晴らしい内容でトンガに勝利したジャパン。ただ、ブレイクダウンの攻防ではペナルティーやターンオーバーも多く見られた。アイルランドでは、SOジョナサン・セクストン、スコットランドではSHクレイグ・レイドローという絶対的なキッカーが存在する相手との試合では明らかに致命的な失点となるだろう。

収穫と課題を見つけたジェイミージャパン。その中心的役割の流に話を訊いた。

「相手の映像を見ていて、バックスリーがレイジーでスペースができることは想定していた」

――試合を振り返って


プランを遂行することを意識して、それができた部分もありましたし、あと修正しなければならないところもありました。アンストラクチャーを作って(トンガの)体の大きな選手たちを下げることを特に意識しました。フィジー戦よりはキックが多くなりました。


――前半の後半から、キックの数が増えたように見えました。


本来のプランはボールをタッチに出さずに、ボールインプレ―を増やしてアンストラクチャーを作ることだったのですが、相手のラインアウトがあまりよくなかったこととこちらがいいディフェンスができていましたし、セットプレーも安定していたので僕から、タッチを切るようなキックに切り替えたところもあります。試合中にメンバー同士で話をしてそうしようということにしました。


――トンガにはスペースが多くあったように思えましたがそれは想定どおりでしたか?


元々相手のビデオを見たとき、バックスリーがかなりレイジーでスペースが空くなと思っていました。あとはそこをどのタイミングでつくかということだけだったのでうまくいった。


――個人のパフォーマンスは


なかなかブレイクダウンからいいボールが出せなかったり、ペナルティーも多く取られてしまいました。チームをリードして最終的にスコアを相手より上回れたのはリーダー陣として前半からリードする展開に持ち込んで、チームをまとめることができたのでその点はよかった。


――10番田村選手とのコミュニケーション


長いことやっているので、まったく問題ないです。


――トンプソン選手は


頼りになることばかりです。練習からすべて100%ですし、みんながトモさんのことを信頼しているので、トモさんが何か言葉を発すれば、全員の気持ちがグッと引き締まるというか。あれだけ体を張ってチームを引っ張っていってくれる人は大きいです。

今日も、うまくいかない時間帯に『何も悪くない。いっぱい練習してきたから自信もってやっていこう』とか。

チームがいい試合ができているのは「全員の積み重ね」

――ジェイミーが帰国されることを知ったのは?


出発の2時間前に、アクティベーションという体を少し動かすセッションがあるのですが、その時にジェイミー本人から聞きました。ジェイミーも元気なさそうな顔をしていましたし、それを聞いたときはびっくりしました。しっかりみんなジェイミーと握手して、特に誰かが言葉を発することはなかったですが、そこで別れました。試合直前のミーティングでブラウニーから「ジェイミーにいいニュースを届けよう」と話がありました。


――届けられましたね。


はい。さっきチームのLINEにもジェイミーから「よくやったね」というメッセージが届いていましたのでよかった。


――先週、今週と代表シーズンの序盤はうまくいかないこともあると思います。今回はどうしてうまくいっている?


まず、宮崎でタフなトレーニングをみんなで乗り越えてきたことと。コーチ陣のプランを選手たちが100%信頼しきって遂行しているということ。あとは試合中の選手たちだけで考えて、柔軟にマイナーチェンジができること。こうしたことはすべて試合前に準備をして、いろいろな話し合いをしているからこそだと思います。チームミーティングだけでなく、コーヒーを飲みに行った時にちょっとだけでもラグビーの話をするようにしています。

そういうことが積み重なってみんなが同じ絵をみることができるようになっているんじゃないかと思います。(好調の理由を)一つに絞ることは難しいですが、みんながいい積み上げができているからだと思います。

――先週は茂野選手がいいプレーをしています。そのことについて刺激になったりしている部分がある?


もちろん、海人さんは良いスピードでジャパンのテンポを作っていましたので、普通に素晴らしいと思いました。今日は違う色を出したいなとおもって、裏のスペースを突いたりみんなを動かしたりとやりました。チームなのでお互いのいいところを出して、切磋琢磨して、チームとして成長したい。


――レギュラーは勝ち取りたいという思いは


そこがなければ選手としては終わりだと思っているので、そこは負けない気持ちが強いです。


――ひげは生やしている?


いや、剃るのが面倒で。脱毛したいくらいです(笑)。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ