ジャパンの進化はまだ序章に過ぎない―マフィとトンプソンルークが見るジャパンの現在地 | ラグビージャパン365

ジャパンの進化はまだ序章に過ぎない―マフィとトンプソンルークが見るジャパンの現在地

2019/07/28

文●編集部


ラグビー日本代表は27日、釜石鵜住居復興スタジアムで「リポビタンDチャレンジカップ・パシフィック・ネーションズ フィジ代表戦に見事勝利しテストマッチ初戦を飾った。ワールドカップ本番に向け順調な仕上がりをみせた試合で生粋のワイルドペネトレーターNO8アマナキ・レレイ・マフィと最年長代表記録を更新するも年齢を感じさせないワークレートの高さをみせたLOトンプソンルークに試合後話を聞いた。

「今日はフィジーがいつもの強さではなかった。この勝利で気を緩めることはない」NO8アマナキ・レレイ・マフィ

――今日のパフォーマンスは?


よかった。今日の会場はとてもレガシーな場所。ここでプレーできることはチームにとっても特別なもの。昨日のミーティングでもこのスタジアムにはすごい歴史があると話がありました。だから気持ち入った。

――今日は久しぶりの実戦でした。イメージどおりできましたか?


そうですね。ただターンオーバーされてしまった部分もあったり、まだまだです。


プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ