ジャパンの進化はまだ序章に過ぎない―マフィとトンプソンルークが見るジャパンの現在地 | ラグビージャパン365

ジャパンの進化はまだ序章に過ぎない―マフィとトンプソンルークが見るジャパンの現在地

2019/07/28

文●編集部


ラグビー日本代表は27日、釜石鵜住居復興スタジアムで「リポビタンDチャレンジカップ・パシフィック・ネーションズ フィジ代表戦に見事勝利しテストマッチ初戦を飾った。ワールドカップ本番に向け順調な仕上がりをみせた試合で生粋のワイルドペネトレーターNO8アマナキ・レレイ・マフィと最年長代表記録を更新するも年齢を感じさせないワークレートの高さをみせたLOトンプソンルークに試合後話を聞いた。

「今日はフィジーがいつもの強さではなかった。この勝利で気を緩めることはない」NO8アマナキ・レレイ・マフィ

――今日のパフォーマンスは?


よかった。今日の会場はとてもレガシーな場所。ここでプレーできることはチームにとっても特別なもの。昨日のミーティングでもこのスタジアムにはすごい歴史があると話がありました。だから気持ち入った。

――今日は久しぶりの実戦でした。イメージどおりできましたか?


そうですね。ただターンオーバーされてしまった部分もあったり、まだまだです。


――トンガ戦にむけて


今日勝利したからとして気持ちを緩めることはないです。今日のフィジーのレベルは少し低かった。トンガ戦では今日よくなかったところを直して勝利したい。

「前半素晴らしい。チームの雰囲気めちゃいい。花園、僕のホーム。めっちゃ出たい」トンプソンルーク

――ワークレート高かったですね。


悪くなかったね。まだまだあげられるけど。フィジーはトップ10チーム。このチームとしては初めての試合だったから、ゲームフィットネスと今日の結果は素晴らしかった。


――これまで何回もフィジーと戦っていますが、今日ほど強さをみせた試合はなかったのでは?


今日は、前半素晴らしい。チームの雰囲気もいい。ボールキープがめっちゃよかった。ゲームプランでもボールキープすることがありました。フィジーにボールを渡したら、前半取られたトライのように、めちゃくちゃ繋がれてしまうから。後半は、ちょっと完璧じゃなかったけど。ターンオーバーが多くてゲームコントロールができなかった。

――あれだけ長い時間、出場すると思っていた?


それは全然大丈夫。仕事だから。


――トンガ戦は、花園ですね。花園で桜のジャージを着ることは特別ですよね。


特別ですね。もし出れたら、花園は「僕の実家」だから。めっちゃ出たいですね。それは僕の判断ではないですけれど。


――宮崎合宿がはじまった時、「自分は一番下だ」と言われてましたが、今は?


まだまだ、下ですよ。毎日アピールするだけ。それだけです。僕のフォーカスすることは。また試合に出ることができれば、それは僕のチャンス。頑張りたいです。今日は頑張った。しっかりアピールできたと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ