東海大大阪仰星が4年ぶりの決勝進出!優勝候補の東福岡に快勝 | ラグビージャパン365

東海大大阪仰星が4年ぶりの決勝進出!優勝候補の東福岡に快勝

2022/01/06

文●編集部


5日、第101回全国高校ラグビー準決勝、東海大大阪仰星と東福岡は42-22で東海大大阪仰星が快勝し4年ぶりの決勝進出を決めた。

MATCH REVIEW

東福岡FB石原の先制トライ

東福岡FB石原の先制トライ

試合開始のキックオフボールを東福岡LO大川虎拓郎がダイビングキャッチ。マイボールとするとそのボールをいかして開始25秒でFB石原幹士がトライ。鮮烈の幕開けとなった。

前半、東福岡CTB平のキックは入らず

前半、東福岡CTB平のキックは入らず

さらに5分CTB平翔太の連続トライで10-0と東福岡がリード。2本は取られることを戦前に想定していたら仰星の選手たちは慌てることなく切り替えた。

前半24分、仰星FL松沼がゴール前までボールキャリー

前半24分、仰星FL松沼がゴール前までボールキャリー

24分にPR石原捷聖のトライを返すと、直後の28分CTB野中健吾の相手ゴール前のキックチャージからトライを決め14-10とリードして前半を終えた。

前半24分、ゴール前ラックから仰星PR3・石原がピックアンドゴーでボールをグラウディング

前半24分、ゴール前ラックから仰星PR3・石原がピックアンドゴーでボールをグラウディング

 

CTB12野中がコンバージョン成功

CTB12野中がコンバージョン成功

 

前半28分、東福岡ゴール前で仰星12野中がチャージ

前半28分、東福岡ゴール前で仰星12野中がチャージ

 

そのまま野中がトライ

そのまま野中がトライ

 

トップスピードで走り込んでトライを挙げる仰星FL松沼

トップスピードで走り込んでトライを挙げる仰星FL松沼

後半に入ると仰星がいい流れを活かしFL松沼寛治、PR大下貴志の連続トライで引き離しに入る。

喜ぶ松沼

喜ぶ松沼

 

途中交代でトライを決めた仰星PR大下

途中交代でトライを決めた仰星PR大下

 

東福岡も後半14分にドライビングモールからHO西野帆平がトライを決め食い下がるも22分仰星はFL松沼が再びトライを決め33-17とセーフティーリードを保った。

ゴールを6本全て決めて勝利に貢献した仰星CTB野中

ゴールを6本全て決めて勝利に貢献した仰星CTB野中

その後お互いに1本ずつトライをきめて最後は42-22で仰星が快勝。

スコアボード

スコアボード

春の選抜大会では17-46で完敗した東海大大阪仰星だったが、今大会ではリベンジを果たした。

8日行われる決勝の相手は、國學院栃木。夏のセブンズ大会でも決勝で対戦し勝利。6年ぶりの頂点に立っている。今大会でも勝利することができるか。

東海大大阪仰星が6年ぶり2回目のセブンズ頂点へ!「チャンピオンジャージ」に込めた思い

COMMENT

組織ディフェンスが光った東海大仰星

組織ディフェンスが光った東海大仰星

東海大大阪仰星 湯浅大智監督


高校のラグビーだとお互いにトライ3本ずつ。4本目をとって、(その後は)PGがキーになってくるという話をしていました。(*実際仰星は6トライを獲得していた)2本差でトライの本数でいくと今のラグビーにおける展開力のある中で最も本数的には理想ではないですが、2本リードできたのが(試合の結果に)出たと思います。


2本はあるね(相手にトライを取られるだろう)、という話をしていました。想定の元、前半後半で2本ずつ。これは生徒の中でも想定内だったと思います。


(前半、0-10でも嫌な感じはしなかった?)そうですね。14点+PG1本を想定していたので、逆に10点だったので、そこは安心感があったと思います。14点でもう1本取られていたら厳しいかなという感じもあったと思うんですけど、10点だったので。モール組み合って1回やっていたので自分たちの肌で感じた重さ、強さなどは初見ではなかったので、冷静にプレーができていたんだと思います。

東福岡PR3島本に仰星がダブルタックル

東福岡PR3島本に仰星がダブルタックル

昨日、こういう(相手にリードされるような)場面があるよねということとミドルフィールドと外側のスペースの使い分けがうまい相手なのでそこの見極めとセッティングを話していました。

(試合の中では)ちょっと真ん中でラックチェイスに目がいってしまっているところがあったので、外のズレが起きそうでしたが、そこも自分たちで修正できていたんで素晴らしいなと思います。


(ヒガシに勝ちきった)ラグビーを突き詰めてきた中で、これからこのメンバーの中からラグビーを指導する人材が出てきてくれれば嬉しい。

もともとポテンシャルがある選手たちなので、指導やコーチング、ティーチングでもっとアプローチがあったと思います。今年も向き合ってやってきました。選手たち自分たちで成長してくれているので本当にすごいです。


(決勝)ファイナリストになったので、積み木を積み重ねるように基礎・基本・原理・原則、判断、決断、実行を丁寧にやっていきたい。




プレーでチームを引っ張る仰星NO8薄田主将

プレーでチームを引っ張る仰星NO8薄田主将

東海大大阪仰星 NO8薄田周希キャプテン


ベスト4で東福岡との対戦は絶対に負けられない気持ちでした。


――10点リードされたが


想定通りだったので自分たちのラグビーをしようとしました。


――10点取られた後、円陣でどんな声かけを?


さすが東福岡だな。ここまで想定通り。絶対ディフェンスで止め続けようと言いました。


――東福岡という相手は


3年間、1年、2年の時も負けて、去年の先輩の分まで勝てたという思いだったと思います。僕たちの高校生活にとって成長させてくれた存在です。




――考えてプレーしている?


最初は相手の圧力に負けていたが、考えてプレーできた。(昨季と選抜の)リベンジはできたが、東福岡さんのおかげで成長できたので感謝しかないです。次も勝って絶対日本一になりたい。


――ディフェンスについて


ビッグタックルではなく、1人ではなく、組織で守ろうとやっていました。グランドにいる全員がつながりを意識して組織ディフェンスをやってきた。まだ改善点はあるので修正していきたい。


――フィットネスはどのくらいやったのか?


フィットネスだけでなく、普段の練習で最後までサポートするなどやっていた。


――春、東福岡に負けたことが大きかった?


(そこから)フィジカルの部分を鍛えてきた。ベンチプレスが110kgから130kgになった。体重は93kgから98kgまで上げて96kgに絞った。


――ノーサイドのときの心情は?


これまで1年間、東福岡に負けて僕たちのチームは始まった。そこから始まり、春に負けて、ノーサイドの瞬間、感謝の気持ちがあった


――決勝に向けて


あくまでもファイナリストになっただけなので2日間準備して絶対に勝ち切りたい。



後半14分東福岡がラインアウトモールを押し切り2西野がトライ

後半14分東福岡がラインアウトモールを押し切り2西野がトライ

東福岡 藤田雄一郎監督


導入がうまくいったんですけど、後半コンタクトの部分で通用しなくてすべてそこで、完敗です。

――楢本選手はどんな選手?


信頼できる、頼りになる選手。自分を責めていますが、みんなが一生懸命やった結果なんで、どれだけみんなが幹志朗に助けられてきたか。よく救ってくれましたよ、このチーム。


――3年生にかける言葉


選抜大会優勝してから、やった背負ってしまったものがあって、見えないところで3年生が支えてくれて、3年生は迷惑かもしれませんけど、もう1年、一緒にいたいな。生活したいなと。


――八尋祥吾はどんな存在?


頼もしいです。リーダーの中のリーダーですね。


自分の力不足です。いいところも出たし、仰星の圧力が上回っていました。これがラグビーです。


――今回もベスト4で敗退はしましたが、選抜大会優勝してヒガシとしての歴史は前に進んだ?


いいチームで、選抜優勝して、幹志朗も中心になっていいチームを作ってくれました。逆に自分が監督でいいのかなって。どこまでこの(ベスト4の)壁が乗り越えられないのか、このチームでさえ乗り越えさせてあげることができないのか。自分が「Must」と「覚悟」というテーマを提示しただけに、覚悟をもって結果を受け止めたい。


5年連続準決勝敗退となった東福岡

5年連続準決勝敗退となった東福岡

東福岡 FL八尋祥吾キャプテン


ブレイクダウンの勢いが違った。(後半は)相手のキック、チェイス、外でのブレイクダウンのところで相手側に勢いが出てしまいました。相手の方が自分達の強みを理解して、そこに全員でかけるという部分が違ったかなと思います。

(試合前どんな話を)仰星さんはあまり前に出るディフェンスではなくて、横に流すディフェンスでフィジカルでぶつかってくるので、外のスペースにボールを運ぶということを全員で意思統一しました。あとはブレイクダウンで勝つということを話していましたが、相手のブレイクダウンが強かったですね。


(これだけリードを許したことは?)初めてかもしれません。昨年花園では激戦で追いかける展開には慣れていたので、その中でもスコアというもので(相手の)心を折っていこうと思っていたんですが、逆にされてしまいました。


東福岡 SO楢本幹志朗


FWはとても頑張ってくれました。僕が、活かしきれず、力不足です。誰も僕の事を攻めなくて本当に東福岡でよかったなと思います。


――「Must」という目標を立ててやってきましたが、この大会ではどうだったか


福岡でもここに入ってからもメンバー外のみんなが最高の準備をしてくれたんですが、それを僕が司令塔としてコントロールできなかった。僕も一生懸命やったんですけど、ベスト4の壁というか、決勝にいくのは簡単ではないなと強く思いました。


――今日の試合の「覚悟」と「Must」は?


試合前に話をしたんですが、100名以上の部員を背負って、一つのパス、一つのブレイクダウン、覚悟をもって、プレーをしようということ。2試合連続で相手に先制を取られていたので、自分達が導入で点をとろうということで、そこが今日の覚悟とMustです。


導入はすごくうまくいって自分達の話していたとおりになったんですが、でも仰星さんは簡単に勝てせてくれないと、まだまだ0-0の気持ちで試合を運ぼうと話をしていました。ですが、細かなミス、僕のキックミス、様々な要因で仰星さんに攻め込まれて点差が開いてしまいました。


――焦りのようなものは?


僕の中では昨年も花園を経験していて、ずっと追いかける状態でラグビーをしていたのでそこまで焦りはなかったです。ただ、自分のミスから取られたということで、心のどこかで自分でなんとかしないとという思いでプレーで先走ってしまったかもしれません。


――相手のディフェンスについて


(仰星さんの)一人ひとりのディフェンスが素晴らしかった。自分達が思い描いていたようなアタックができなかった。


――東海大大阪仰星はどんな存在


昨年も準々決勝で戦わせてもらって、やはりヒガシもそうですけど、仰星さんは日本最高峰の高校ラグビーをやるチーム。ライバルでもあり、お互い刺激しあえるチームだと思っています。


――この代で中学日本一になって、東福岡に入学


すごく濃い3年間でした。新チームが始まって八尋祥吾(キャプテン)を花園で胴上げしてやろうとして臨んだんですが、うまくいかなくてでも東福岡を選んでよかった。もう1回高校生をするとしても「チーム八尋祥吾」を選んでいたかなと思います。


SCOREBOARD

第101回全国高校ラグビー準決勝

  • TRY(6)
  • G(6)
  • PG(0)
  •  
  • PENALTY
  • PK(5)
  • FK(0)
  • TRY(4)
  • G(1)
  • PG(0)
  •  
  • PENALTY
  • PK(4)
  • FK(0)
  • TIMELINE

  • 前半0分 東福岡 15.石原幹士 T 0 - 5
  • 前半0分 東福岡 12.平翔太 Gx 0 - 5
  • 前半5分 東福岡 12.平翔太 T 0 - 10
  • 前半5分 東福岡 12.平翔太 Gx 0 - 10
  • 前半15分 東福岡 12.平翔太 PGx 0 - 10
  • 前半24分 大阪仰星 3.石原捷聖 T 5 - 10
  • 前半24分 大阪仰星 12.野中健吾 G 7 - 10
  • 前半28分 大阪仰星 12.野中健吾 T 12 - 10
  • 前半28分 大阪仰星 12.野中健吾 G 14 - 10
  • 後半6分 大阪仰星 6.松沼寛治 T 19 - 10
  • 後半6分 大阪仰星 12.野中健吾 G 21 - 10
  • 後半11分 大阪仰星 25.大下貴志 T 26 - 10
  • 後半11分 大阪仰星 12.野中健吾 G 28 - 10
  • 後半14分 東福岡 2.西野帆平 T 28 - 15
  • 後半14分 東福岡 10.楢本幹志朗 G 28 - 17
  • 後半22分 大阪仰星 6.松沼寛治 T 33 - 17
  • 後半22分 大阪仰星 12.野中健吾 G 35 - 17
  • 後半26分 東福岡 10.楢本幹志朗 T 35 - 22
  • 後半26分 東福岡 10.楢本幹志朗 Gx 35 - 22
  • 後半30分 大阪仰星 15.増山将 T 40 - 22
  • 後半30分 大阪仰星 12.野中健吾 G 42 - 22
  • MEMBER_東海大大阪仰星

  • 1 松本陸来 後半27分 OUT → IN 16 高岡樹
  • 2 垣田基樹 後半15分 OUT → IN 17 荒川駿
  • 3 石原捷聖 後半0分 OUT → IN 25 大下貴志
  • 4 奥平一磨呂 後半18分 OUT → IN 18 中田偲響
  • 5 楠田知己
  • 6 松沼寛治
  • 7 春名海輝
  • 8 薄田周希
  • 9 石田太陽
  • 10 吉本大悟
  • 11 関谷匠 前半24分 OUT → IN 23 北村光基
  • 12 野中健吾
  • 13 中俊一朗 後半27分 OUT → IN 24 小山諒介
  • 14 御池蓮二
  • 15 増山将
  • 16 高岡樹
  • 17 荒川駿
  • 18 中田偲響
  • 19 山本琉聖
  • 20 高來亜
  • 21 西川康士郎
  • 22 大畑咲太
  • 23 北村光基
  • 24 小山諒介
  • 25 大下貴志
  • MEMBER_東福岡

  • 1 森仁之輔
  • 2 西野帆平
  • 3 島本京 後半13分 OUT → IN 18 甲斐匠馬
  • 4 大川虎拓郎
  • 5 舛尾緑 後半7分 OUT → IN 20 蔵森晟
  • 6 八尋祥吾
  • 7 大西一平
  • 8 茨木颯
  • 9 朝倉達弥
  • 10 楢本幹志朗
  • 11 越智光太朗
  • 12 平翔太
  • 13 平山尚樹 後半20分 OUT → IN 24 西柊太郎
  • 14 武田幸大
  • 15 石原幹士
  • 16 白井開成
  • 17 赤星泰成
  • 18 甲斐匠馬
  • 19 山田晋平
  • 20 蔵森晟
  • 21 長友順平
  • 22 井上晴輝
  • 23 高平陸
  • 24 西柊太郎
  • 25 馬田琳平
  • 記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ