花園大会2021・2日目1回戦試合結果ギャラリーレポート | ラグビージャパン365

花園大会2021・2日目1回戦試合結果ギャラリーレポート

2021/12/28

文●編集部


27日に開幕した第101回全国高校ラグビー大会は2日目、1回戦11試合が行われた。初出場の専大玉名(熊本)は35-12で若狭東(福井)で嬉しい花園初勝利を飾った。同じく初出場の読谷(沖縄)は昌平(埼玉)と接戦に持ち込むも7-15で敗れ、二回戦進出は叶わなかった。

札幌山の手 36 - 10 黒沢尻北

トライを挙げる札幌山の手WTB熊谷

トライを挙げる札幌山の手WTB熊谷

 

日本代表リーチの手助けにより来日した、モンゴル人留学生ダバジャブ・ノロブサマブー(2年)。花園デビューを飾った

日本代表リーチの手助けにより来日した、モンゴル人留学生ダバジャブ・ノロブサマブー(2年)。花園デビューを飾った

 

若狭東 12 - 35 専大玉名

ゲインする専大玉名CTB竹下 嬉しい初出場初勝利!

ゲインする専大玉名CTB竹下 嬉しい初出場初勝利!

 

山形中央 3 - 40 目黒学院

スピードあるランで2トライを挙げた目黒学院SH林

スピードあるランで2トライを挙げた目黒学院SH林

 

山形中央SO鑓水力暉也

山形中央SO鑓水力暉也

 

富山第一 8 - 31 飯田

 

朝明 17 - 38 青森山田

スピードを活かしてトライを挙げる青森山田WTB大方(1年).

スピードを活かしてトライを挙げる青森山田WTB大方(1年).

 

関商工 29 - 47 日川

力強いランからトライを挙げる日川キャプテンCTB後藤

力強いランからトライを挙げる日川キャプテンCTB後藤

 

パスで攻撃をリードしたSH飯沼(2年) 父母兄も全員SHだという

パスで攻撃をリードしたSH飯沼(2年) 父母兄も全員SHだという

 

秋田工業 12 - 19 松山聖陵

トライを挙げた松山聖陵WTB亀澤

トライを挙げた松山聖陵WTB亀澤

 

トライを挙げて勝利に貢献した松山星陵PR髙田(3年)。野球から転向、ラグビー歴はまだ1年と少し。大学では関東学院でラグビーを続ける。

トライを挙げて勝利に貢献した松山星陵PR髙田(3年)。野球から転向、ラグビー歴はまだ1年と少し。大学では関東学院でラグビーを続ける。

 

秋田工 SH柴田竜成主将

秋田工 SH柴田竜成主将

 

大津緑洋 75 - 10 旭川龍谷

 

開志国際 5 - 35 尾道

トライを挙げた尾道FL小林.

トライを挙げた尾道FL小林.

 

磐城 0 - 45 高鍋

 

昌平 15 - 7 読谷

トライにキックに勝利に大きく貢献した昌平キャプテンFB北川

トライにキックに勝利に大きく貢献した昌平キャプテンFB北川

 

1回戦の結果を受けて、2回戦の対戦カードは以下のとおり。


桐蔭学園 - 昌平
尾道 - 高鍋
大津緑洋 - 流経大柏
國學院栃木 - 松山聖陵
日川 - 長崎北陽台
御所実業 - 青森山田
目黒学院 - 飯田
東福岡 - 専大玉名
札幌山の手 - 大阪桐蔭
京都成章 - 城東
大分舞鶴 - 石見智翠館
常翔学園 - 中部大春日丘
静岡聖光学院 - 佐賀工業
國學院久我山 - 鹿児島実業
報徳学園 - 仙台育英
東海大大阪仰星 - 光泉カトリック



2連覇を狙う桐蔭学園の初戦は昌平(埼玉)となった。また花園初勝利を飾った、専大玉名は東福岡(福岡)との九州対決。注目は常翔学園対中部大春日丘。春日丘はシード校にも劣らない実力校。接戦になることは必至だ。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ