ヤマハ発動機ジュビロが初の日本一!試合毎に成長を実感した選手たちは大一番でもヤマハスタイルを貫き栄冠を獲得した! | Rugby Japan 365

ヤマハ発動機ジュビロが初の日本一!試合毎に成長を実感した選手たちは大一番でもヤマハスタイルを貫き栄冠を獲得した!

2015/03/01

文●編集部


2月28日、秩父宮ラグビー場では第52回ラグビー日本選手権決勝、ヤマハ発動機ジュビロ(以下、ヤマハ)とサントリーサンゴリアス(以下、サントリー)の一戦が行われた。

ヤマハは準決勝と同じスターティングメンバーに対し、この試合で6連戦となるサントリーはアタックでの貢献が大きかったFLツイヘンドリクスFB有賀剛をケガで欠いた布陣となった。

ヤマハのキックオフで試合が開始。SO大田尾竜彦が蹴りあげたボールはサントリー陣内22m内側まで伸びる。アグレッシブアタッキングラグビーを標榜するサントリーは自陣深くからでも果敢に攻撃を始める。フェーズを重ね22mを脱出したところでノックオン。

スクラムにプライドを持つヤマハはいきなりチャンスを迎えるが、アーリープッシュでペナルティとなってしまう。SHフーリー・デュプレアがクイックでPKを敵陣22m付近へ蹴りこむ。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ