ワールドカップ2019開催まであと1年半!釜石での開催成功を「スクラム東北ライドGO釜石」レポート | Rugby Japan 365

ワールドカップ2019開催まであと1年半!釜石での開催成功を「スクラム東北ライドGO釜石」レポート

2018/02/16

文●大友信彦


3回目となる「スクラム東北ライドGO釜石2017」が、2017年9月15日から18日までの4日間、開催された。

これは、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北地方の復興を支援しようと、かつてラグビー日本選手権で7連覇を達成した新日鐵釜石ラグビー部のOBたちを中心に設立されたNPO法人スクラム釜石が企画。2019年に釜石市で開催されるラグビーワールドカップを東北全体で盛り上げ、復興への起爆剤にしようとアピールするために、2015年から続けているサイクリングイベントだ。

過去2回は、福島県南相馬市から走り出して、宮城県、岩手県の津波被災地を自転車で走り、各地のラグビー関係者や商工関係者などと交流会を実施しながら釜石市鵜住居にあるスタジアム建設予定地まで320キロを走破。今回は、釜石市鵜住居を起点に南相馬市を目指す逆コースで実施した。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ