「非常にチャレンジングな試合だった」 | Rugby Japan 365

「非常にチャレンジングな試合だった」

2018/02/24

文●編集部


スーパーラグビー・ラウンド2、ヒトコムサンウルブズを32−25で勝利したブランビーズ。前半はリードを許すも、昨シーズンのオーストラリアカンファレンスを制したチーム。後半しっかりと修正しサンウルブズのアタックを止め、トライを許さない。ワンチャンスをものにして逆転勝利を収めた。

「かなり厳しい試合だったが、後半は完璧だった」ダン・マッケラーHC

まず安心しているという言葉を言いたい。非常にチャレンジングな試合でした。選手たちはワークハードして、タフなゲームだが最終的に勝てた。全体的なフィーリングとしてはチームに誇りを持っています。


――後半、逆転できたが、そのきっかけは?


かなり厳しい試合でしたが、前半20分が過ぎてから、我々が考えてきたプランが徐々に実行できてきた。後半は完璧だった。ディフェンスに関しては調整を加えて、2回フェイズを重ねた後、FWに戻ってくることがわかったので、そこをできた。


――ブレイクダウンは後半激しくなったように見えた。何か修正した?


タクティクスというより、そういった機会が増えた。後半、ジャッカルする機会が増えたと思います。個人的に言うとFLキューザック、FLマキャフェリーの2人が相手のボールを取った。


――サンウルブズで気になった選手


全員いいプレイヤーですが、目に付いたのはSH流。サントリーの時から知っています。プレーの全体のコントロール、キックも素晴らしかった。WTBも素晴らしかった。またNO8ブリッツはディフェンス面でチームを引っ張る能力は素晴らしかった。グループとして素晴らしいチームで、厳しい戦いだったので誇りに思っていいと思います。


――最後に


まずチームを代表してお礼を言いたいと思っています。サンウルブズの試合に来られて良かったと思います。素晴らしい国、文化を持っていて、ラグビーの文化も素晴らしい。フィールドのオンもオフも素晴らしい人たちばかりだったので、この国に戻ってくることを楽しみにしたい。

「相手はプレシーズンを戦っていないが、レベルの高い試合をした」キャプテンSOリアリーファノ

非常に厳しい試合でした。相手はプレシーズン戦っていいないがレベルの高い試合をしました。安心した気持ちでいます。チームを誇りに思います。


――サンウルブズで気になった選手は


素晴らしい選手ばかりでしたが、WTBは強く大きい選手がいた。SH流、SOパーカー、SOロビンソンは素晴らしく、ゲームをコントロールした。チャレンジングな試合だったので、来週、ホームに戻って改善したい。

 

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ