ワイルドナイツSO山沢拓也「嬉しかったより、終わってホッとした」大一番での大役を見事に果たし初代王者へ | ラグビージャパン365

ワイルドナイツSO山沢拓也「嬉しかったより、終わってホッとした」大一番での大役を見事に果たし初代王者へ

2022/05/30

文●編集部


29日、リーグワン初代王者を決めるファイナル。後半残り数秒。6点差を追いかけるサンゴリアス。1トライ1ゴールで逆転ができる。WTB尾崎晟也が敵陣10mからボールをキャリー。そこに絡みついたのはSO山沢拓也だった。久保修平レフェリーが長いホイッスルを吹く。ノットリリースがボールのペナルティ。そして試合終了のホイッスル。ワイルドナイツが18-12でサンゴリアスを破り、初代王者というタイトルを獲得した。


――試合後、涙が見えました。


嬉しかったというより、終わったという感じ。ホッとした感じで(涙が出た)。


――10番つけての優勝でした


あまり考えないようにしていたが、無意識に考えて、プレッシャーみたいなものがあった。絶対的な10番がプレーできなくなって、替わりに出たので、自分としては自分らしいプレーができればいいなと思っていたが、どこかでプレッシャーを感じていたと思うので、最初から出て勝てたことが本当に良かったです。

ボールを持ったダミアンの左腕にタックルする山沢

ボールを持ったダミアンの左腕にタックルする山沢


――前半最後のトライセービングタックル


狙っていた訳ではないが、必死に追いかけた結果、トライセーブにつながった。正直トライされるかなと思ったが、届く範囲でボールが見えていたので、ボールに手を引っかけようと思って、ノックオンしたらラッキーだなと思って、本当にラッキーだった。



ダミアンの腕からボールがこぼれノートライに。

ダミアンの腕からボールがこぼれノートライに。


なかなかキックの調整が上手くいかず、2本外した後だったこともあって、敵陣にいられたのに点差が開いていないことがキックが原因だったので、取り返そうとは思っていなかったが、必死でやった。

素晴らしいトライセーブをした山沢を野口竜司が労う

素晴らしいトライセーブをした山沢を野口竜司が労う

――最後のジャッカルシーン


最後もチャンスと思って仕掛けにいってノットリリースが取れた。ほぼ初めてかもしれません。最初、自分がペナルティかと思った(苦笑)。得意プレーではないですが、得意じゃないプレーでもチームに貢献できた。

ペナルティもゲイン取られることも相手のチャンスにつながる中、ボールを振ってきてサポートが遅れるシーンもあった。相手のテンポで出させないというところの延長線で、ジャッカルまでできた。そこでプレッシャーをかけようというのはあった。自分としては後半、サントリーさんの勢いがあり相手の時間が長かった分、勢いに乗られたらやばいかなと思ったが、パナソニックの強みのディフェンスで締められてよかった。


――ディフェンス面が良くなってきました


10番というポジションなので、狙われるポジションなので対応しないと相手に勢いに乗らされるので、対応しないといけないと思った。


――大舞台でのキックの難しさ


今週、いろいろ考えながらやって、ある程度見つけながらやっていたが、まだ自然な流れで蹴れてなく力んでいた部分と、力まないで蹴る部分とが中途半端になってしまった。


大一番でのキック。序盤で2本決めることができなかった。

大一番でのキック。序盤で2本決めることができなかった。



――前半、ラインアウトにプレッシャーを与えていたが点差がつかなかった


PGが入らなかったのももちろんありますし、ノートライになったシーンが2つくらいあった。気持ち的には上手く攻められていたが、結果的には7点差だった。前半おわった感触としては、点差が開いていなくてやばいということはなく、そんなに悪くない印象で後半に入れた。(FWの)セットプレーはラインアウトでもスクラムでも安定してボール出してくれたり相手にプレッシャーをかけてくれた。

後半21分ワイルドナイツはPGを狙わずタッチへ

後半21分ワイルドナイツはPGを狙わずタッチへ


――後半1点差でタッチに蹴った


個人的には、あれでショットで入っても4点差で、トライされるとひっくりかえられるので、トライを狙いにいって、できれば8点差にしたかった。ゴール入らなくても6点差だったので、相手がトライとゴールしないといけない状況にできた。チームとしてもタッチという指示がきていた。


――エリアマネジメントに関して


前半はできましたが、後半は(相手に)上手く対応された。キックの精度もありますが、少し、後半はうまくいかなかった。


――この勝利はどんな意味を持つ?


大きな経験の一つとなりました。今回の試合はちょっと考える、感じる部分がありましたが、今までの試合を含めて、これまでのシーズンより試合の入り方を自分らしい入り方を見つけられたかなと思います。

前半は互いにキックでエリアの取り合いで進んだ

前半は互いにキックでエリアの取り合いで進んだ


――この後、日本代表合宿があります


そこはその時になったら頑張ろうかなと思います。まあまあ楽しみです。どうかな?という感じです。(W杯については)そんな先のことは考えていないです。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ