埼玉ワイルドナイツ新加入のコロインベテ、ボーシェー、日本でプレーする理由とは | ラグビージャパン365

埼玉ワイルドナイツ新加入のコロインベテ、ボーシェー、日本でプレーする理由とは

2021/12/25

文●編集部


25日、熊谷ラグビー場では、リーグワン、埼玉ワイルドナイツ(埼玉WK)がファンクラブ限定スペシャルマッチとして東芝ブレイブルーパス東京(BL東京)と対戦し、28-12で勝利。さらに今シーズン新規加入した、WTBマリカコロインベテ、CTBヴィンス アソ、FLラクラン ボーシェーが出場。コロインベテとボーシェーが試合後取材に応じ、日本でプレーする理由について話した。

「今までと違う環境でプレーしたい」WTBマリカ・コロインベテ

ワイルドナイツでの初めての試合で、出られて嬉しく思います。難しい試合になったがプレーできて嬉しく思います。


――なぜ日本、ワイルドナイツを選んだのか? 


日本、そしてパナソニックに来た理由は今までと違う環境でプレーしたい、違う国で新しい挑戦したいという思いがありました。パナソニックを選んだ理由としては成功を収めているチームの一員になりたいと思ったからです。このチームに来て、日本の文化に惹かれていますし、ワイルドナイツでもたいへん恵まれたコーチングスタッフでラグビーできています。今季、自分のできるベストを尽くしてこのチームのために貢献したいと考えています。

 

「自分の持っているスキルセットを新しい場所で試してみたかった」 FLラクラン・ボーシェー

東芝はタフでフィジカルな相手で、楽な試合ではなかったが、試合に出られて嬉しい。


――オールブラックスではなく日本に挑戦した理由は?


キャリアの中で、新しい場所、国にチャレンジしたいと思っていました。NZから日本のラグビーを見ていて、自分が持っているスキルセットを新しいラグビースタイル、場所で試してみたい、居心地のいい母国から飛び出してチャレンジしたいと思って日本にやってきました。

――前半、ジャッカルで相手のボールに4度くらい絡みました


そこは自分の得意なプレーなので、常に、ここの改善、向上に取り組んでいます。日本にはジャッカル得意な選手たくさんいるので、そういった選手に負けずがんばりたい。ジャッカルを相手もマークして難しくなるが、日々、向上したい。


記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ