鬼門・筑波との接戦を制した帝京が白星発進 | ラグビージャパン365

鬼門・筑波との接戦を制した帝京が白星発進

2021/09/13

文●編集部


9月12日、関東大学対抗戦が開幕。熊谷ラグビー場では2試合行われた。第1試合は帝京大学(昨年・対抗戦4位、選手権ベスト4)と筑波大学(対抗戦5位、選手権3回戦)が対決した。

毎年この2校の対戦はシーズン後半に行われてきた。前代未聞の大学10連覇を果たした帝京大にとって、筑波大は「鬼門」といってもいい、選手権前に「痛い目を見る」相手だった。

細木康太郎主将(帝京)は「筑波大には連覇中だったりと、いろんな場面で負けることが多かった。筑波大を意識してこの1~2週間、練習してきた。」と話した。

今シーズンは初戦で対戦するということで、メンタル的にも、フィジカル的にもフレッシュな状態。開幕節注目の一戦となった。

筑波がFL岩田のトライで先制

筑波がFL岩田のトライで先制

試合開始から筑波大がキックオフボールにプレッシャーをかけ、帝京大を揺さぶった。前半2分、筑波大がキックオフボールに対してプレッシャー。帝京がボールキープできずノックオン。ゴール前スクラムから筑波はFL岩田真樹(4年)がトライ。ルーキーで対抗戦初出場のSO浅見亮太郎(1年)が落ち着いてコンバージョンを決めて7-0とした。

ルーキー・SO浅見亮太郎が落ち着いてコンバージョンを決める

ルーキー・SO浅見亮太郎が落ち着いてコンバージョンを決める

 

帝京・WTB大藪のトライで帝京が同点とする。

帝京・WTB大藪のトライで帝京が同点とする。

帝京大は12分、相手のラインアウトボールを奪うとWTB大藪洸太(1年)が裏のスペースにショートパント。そのボールを自らキャッチし同点となるトライ。

スクラムで優位に立った帝京大。このスクラムでペナルティーを獲得して2本目のトライにつながった。

スクラムで優位に立った帝京大。このスクラムでペナルティーを獲得して2本目のトライにつながった。

帝京はセットプレー、特にスクラムでプレッシャーをかけ優位に試合を展開。前半35分、スクラムでペナルティーを獲得すると敵陣ゴール前のラインアウトモールを押し切り、PR細木康太郎(4年)キャプテンがトライ。SO高本幹也(3年)のコンバージョンも決まり14-7とリードして前半を終えた。

ラインアウトモールを押し切ってキャプテン・細木がトライ

ラインアウトモールを押し切ってキャプテン・細木がトライ

 

SO高本幹也のコンバージョンも決まり14-7と逆転。

SO高本幹也のコンバージョンも決まり14-7と逆転。

 

筑波大・SH鈴村淳史

筑波大・SH鈴村淳史

 

帝京大HO江良楓

帝京大HO江良楓

 

帝京大WTB白國亮大

帝京大WTB白國亮大

 

豪快なカウンターアタック、スピードをアピールした筑波大WTB大畑亮太(1年)

豪快なカウンターアタック、スピードをアピールした筑波大WTB大畑亮太(1年)

後半に入っても帝京のアタックに対し、筑波が粘り強くディフェンス。ただ、次から次へと浴びせられる強烈なアタックは確実に筑波の体力を削っていった。後半、何度かチャンスを迎えた筑波は、足が止まり精度を欠き追いつくことができない。

筑波大・FB松永貫汰

筑波大・FB松永貫汰

 

帝京大・PR照内寿明

帝京大・PR照内寿明

 

後半30分、筑波大はFB松永主将のキックを追った途中出場のCTB一口が相手ゴールに迫るが

後半30分、筑波大はFB松永主将のキックを追った途中出場のCTB一口が相手ゴールに迫るが

 

帝京大のバッキングアップに惜しくもトライならず

帝京大のバッキングアップに惜しくもトライならず

 

帝京も筑波の粘り強いディフェンスを打ち破ることができないまま後半ノースコアで迎えたロスタイム。帝京は敵陣でペナルティーを獲得すると、ショットを選択。高本が落ち着いてきめて17-7とし、ノーサイド。

帝京・ルーキーFL青木恵斗は後半42分から出場。

帝京・ルーキーFL青木恵斗は後半42分から出場。

 

 

帝京大・WTB小村真也は途中SO高本の出血による一時退場に伴いSOとして登場。

帝京大・WTB小村真也は途中SO高本の出血による一時退場に伴いSOとして登場。

 

POMに選ばれた、帝京大・細木康太郎キャプテン

POMに選ばれた、帝京大・細木康太郎キャプテン

開幕節注目の一戦は帝京が17-7で筑波に勝利し、今シーズンのスタートをきった。プレーヤー・オブ・ザ・マッチには、攻守に渡り存在感を見せた帝京大学・細木康太郎キャプテンが選ばれた。ハーフウェイ付近でボールを持ち、相手ディフェンダーを引きずりながら縦に突進するアタック。さらに相手のBKとの1対1の場面でも抜かれることなく前進を許さないプレーなど精度の高いプレーが印象的だった。

両チームともに2週間のインターバルを経て第2節にむかう。勝利した帝京大学は次戦25日(土)、上柚木で青学大と対戦。敗れた筑波大学は次戦26日(日)、足利陸上競技場で慶應義塾大学と対戦する。

SCOREBOARD

関東大学対抗戦第1節

  • TRY(2)
  • G(2)
  • PG(1)
  •  
  • PENALTY
  • PK(5)
  • FK(1)
  • TRY(1)
  • G(1)
  • PG(0)
  •  
  • PENALTY
  • PK(13)
  • FK(0)
  • TIMELINE

  • 前半2分 筑波大 7.岩田真樹 T 0 - 5
  • 前半3分 筑波大 10.浅見亮太郎 G 0 - 7
  • 前半12分 帝京大 11.大藪洸太 T 5 - 7
  • 前半13分 帝京大 10.高本幹也 G 7 - 7
  • 前半35分 帝京大 3.細木康太郎 T 12 - 7
  • 前半36分 帝京大 10.高本幹也 G 14 - 7
  • 前半42分 帝京大 10.高本幹也 PGx 14 - 7
  • 後半44分 帝京大 10.高本幹也 PG 17 - 7
  • 帝京大学・岩出雅之監督

    厳しい状況の中で、開幕戦をスタートできたことを大きなスタートだと思います。ゲーム内容については両リーダーの言う通り。今日の試合を、どう捉えるかだと思います。今の選手たちが成長するために、どう取り組むか、新しい距離感をもって、取り組んでいます。

    先制トライを筑波大さんが我々に準備してきた全てじゃないかなと思います。素晴らしいディフェンスとブレイクダウンに人数をかけていた。その後、帝京もアジャストしてターンオーバーなくなってきたが、相手のプレーより自分たちでチャンスをなくしたことが多かった。精度の部分は今後につながる。

    ポジティブ、ネガティブは選手によって違うかもしれないが、両方捉えてやってほしいと思います。


    帝京大学・細木康太郎キャプテン

    筑波大には連覇中だったりと、いろんな場面で負けることが多かった。筑波大を意識してこの1~2週間、練習してきた。みんなのメンタリティーが初戦ということで気持ちの作り方が難しかった。試合が近づくにつれて、試合モチベーションが上がり、チームの雰囲気が良かった。ラグビーの部分では筑波大がブレイクダウン、タックル、コンタクトのシーンで前に出てくるというところを僕たちも意識して試合に臨んだが、意識した中でも受けてしまってタフなゲームになりすごい勉強になりました。いい試合に僕たちはなりました。

    帝京大学・押川敦治

    すごくタフなゲームの中で筑波大のひたむきなプレーで、厳しい試合を勝ち切れたことが、帝京大としてはすごく意味のある試合になった。自分たちが準備してきたことで出せた部分、出せなかった部分 課題として明確になったので、そこがロースコアの点差につながったかなと思います。自分たちとしても、その課題を克服していかないと、これから先の厳しい戦いで勝ちきれないことが明確になったので、開幕戦からタフな試合を勝ち切れたことは自分たちにとって大きな意味のあることだと思うので、ポジティブに考えて、これからの練習とかで、対抗戦の厳しい相手に勝ちきるように努力していきたい。

    筑波大学 嶋崎達也監督

    コロナ禍の状況でも止まらずにここまでこれて試合に臨めたのが何よりも。試合については予想以上のプレッシャーでした。夏が体感できなかった圧力に対して想定以上のプレッシャーを受けて、、してはいけないペナルティーをしてしまった。最後、それが引きずいて動けなかった。1チャンスでトライをとれた部分もあった。

    (ブレイクダウンについて)結果としては、うまくいけた部分があったように見えたと思いますが、あれを続けて、ロールアウェイのリスクを理解しながらチャレンジするということを自分たちとしては望んでいます。対抗戦の中では前半に上位4チームと戦うので、それを徹底して勝利につなげないといけないので、「やれた」だけでは自分たちとして満足していない。


    筑波大学 松永寛汰キャプテン

    試合の内容は、自分たちでディフェンスで前に出る。ペナルティーを減らそうと練習からやってきましたが、パワーあるプレーに押し込まれたり、少なくしたかったペナルティーからFWのプレッシャーを受けてしまった。ペナルティー、ディフェンスの部分をこれからもひきあげていきたい。

    筑波大学 SO浅見亮太郎(1年)

    初めての対抗戦、1年生として出場しましたがチームとして勝てなかった。個人的には実力がたりなかった。まだまだだな。もっともっと強い選手にならないといけないと思いました。

    記事検索

    バックナンバー

    メールアドレス
    パスワード
    ページのトップへ