女子15人制・小鍛治歩、小林可奈子選手オンラインインタビューレポ | ラグビージャパン365

女子15人制・小鍛治歩、小林可奈子選手オンラインインタビューレポ

2021/01/29

文●編集部


1月26日から1月31日まで和歌山で女子15人制ラグビー日本代表候補選手たちが、3月に香港で行われる予定の2021年ワールドカップ(女子)・アジア予選にむけて強化合宿を行っている。29日、選手たちの中からHO小鍛治歩選手(Hanazono Hollyhocks/森ノ宮医療学園専門学校)、CTB小林花奈子選手 (日体大女子ラグビー部)がオンラインで報道陣に対応した。

代表に来てHOにコンバート。高校3年から15人制に挑戦 小鍛治歩選手

――現在の心境は


アジア予選で1位をとってワールドカップに出場するために、自分のプレーも向上させてチームもレベルアップして試合に臨みたいと思っています。


――SOからHOに転向したが


(ヘッドコーチの)レズリー(・マッケンジー)さんに言われて今のポジションを初めて、もともと持っている力を出すとともに、チームに求められているものを試合で生かせるようにしています。今持っている力をもっとレベルアップしてみんなを生かしたプレーをしているという感じです。

2018年2月の合宿に初めて呼ばれたときに(HOに)転向した。もともとSOをやっていたが、(HOに)チャレンジしてみた、やってみようという感じでした。自分は周りの人を活かすのが得意で、HOになって自分でも当たって持って行くことが仕事になるので、周りを活かすし自分でもボールを持っていく両方の仕事をしています。

――ラグビーを始めた経緯は?


4歳のころから2人いた兄(小鍛治悠太・天理大)の影響でラグビーをはじめて、最初はボールを追っかけていて、小学校まで堺ラグビースクールでやっていて、中学校で大阪ラグビースクールの女子部、高校はアナン学園女子ラグビー部でやっていて、同じ場所でホーリーホックがやっていたので、そのまま上がりました。

15人制は関西大会で、高校3年の最後に初めてやりました。大阪と九州の合同チームで、その時はSOやCTBをやっていました。今は鍼灸の専門学校に行きながらプレーしています。全体練習は週2~3回なので、公園で走り込んだりジムにいったり個人練習しています。高校3年生まで15人制をしたことがなかったんですが、15人制をはじめてみると体を当てることが多いので、今は15人制が楽しいです。

――お兄さんは先日、天理大学で大学選手権で優勝しました


(優勝は)嬉しかったです! (国立に)応援にも行きました。(家族でお祝いしに)ちょっといいお店にいきました。私の成人の日だったので(それも兼ねて)行きました。(兄とは)あまりラグビーの話はしないが、試合を見に行くことが多いので、スクラムとかは、兄だけでなく、天理のHOの選手を見ています。天理の(スクラムは)小さい、低いところがあると思うので、日本人が世界で試合をするときの状況は似ているのかなと思って、低さで勝負するのは同じ感じやと思うので、結構、見ています。


――W杯の日程が決まったが予選や大会が近づいてきたという感じはありますか


まだアジア予選があるので、今、できることをしています。W杯で勝ち抜くことが目標ですが、今はまだ大きな大会に出たことがないので、今はアジア予選を目標に頑張っています。 (アジア予選が)あるかないかわからないが、アジア予選に向けて、いままでやってきた通り取り組もうと話している。

――どんな練習をやっていますか?


ゲーム形式もしていますし、スキルの練習もしています。ユニットが大事なので多いです。(スクラムは)もともとHOで組んでいた選手がいたので、その人に聞いたり、HO同士で意見出し合ったりしています。


――女子ラグビーで関西と関東の差を感じますか?


関東の方がチーム的にも人数的にも充実している。その分、関西はチーム数も少ないし散らばっているかなと思います。試合するのも少ないし練習もそもそも15対15ができないです。その辺は難しい。


――W杯は女子ラグビーの競技人口を上げるチャンスになると思いますか?


女子ラグビーの人口を増やしたいこともありますし、2019年で有名になったが、そのままラグビーの人気を上げていきたい。

「智翠館魂」で世界に挑戦。「トライは取らないが、必ずアシストに入る選手に」CTB小林花奈子

――現在の心境は


今、合宿が4日目ですが、チームがだんだんできあがっていて、環境もいいところでできています。


――チームとして仕上がってきているところは?


アタックとしてはベースの形を習得しています。ミニグループがあって、ビデオを切り取ってチームに共有してくれて、チーム主体で活動しています。どこに注目するのか合宿ごとに決めてプレゼンして、チームで共有しているところが、段階的にチームになってきたかなと思います。

今は、新しいシェイプをやっているが、レスリーさんが持ってきたものを英語から日本語にしたり、選手主導で自分たちにはまるものにしたりしています。ベースはありますが、ポジショニングはもっと浅いところ、深いところがいいと細かいところまでやっています。

――W杯の初戦はアジア予選で勝てば、初戦は指揮官のレスリーさんのカナダと対戦します。


W杯で優勝するのが目標なのでカナダ、ヨーロッパでもアメリカにも勝ちたい。(2年位前、レスリーさんがヘッドコーチになって)最初の和歌山合宿で、全員で1番になろうと話をしました。ベスト8を目指すのではなく、優勝を目指すことでいい結果につながるので(W杯の目標は)優勝となりました。


――目標に近づいている感じがありますか?


細かいディテールまで深く突き詰めてやっているので、近づいているのかなと思います。イタリア、スコットランドでも結果を残せたので、段階的に上がってきたかなと思います。

11月に行われたチャレンジマッチ。石見智翠館出身のメンバーが集まったワンカット

11月に行われたチャレンジマッチ。石見智翠館出身のメンバーが集まったワンカット

――日本代表の中に、石見智翠館出身の選手が増えてきましたが


智翠館に学んだ「泥臭さ」を全員持っていて、「やられたら全員やりかえす」という気持ちを全員持っていると思います。全寮生活だったので、しんどいことは智翠館でやってきたという感じです。智翠館のとき、「智翠館スペシャルウィーク」 という校内合宿があって、朝の5時からやって日にちが変わるまで走ったりして肉体的にも精神的にも成長した。

最後の部が夜9時から始まって、キックのキャッチランを全員がクリアするまで終わらないという名物のメニューがありました。たぶん(女子では)智翠館しかやらないと思います(笑)。

――得意なプレーは


得意はコンタクトの部分で切れ目に走り込むプレーを得意としている。(男子の日本代表の)中村亮土選手のような、自分ではトライを取らないが、必ずアシストにはいる選手になりたいです。


――2年前のイタリア代表戦で代表デビューしました


すごく緊張してフワフワしていましたが、小さい頃からラグビーやっていて、試合に出たら一つだけ決めていたことがあって、それは、自分の強みのアタックを発揮しようとということで、それができたのがよかった。


――日本代表として世界で通用したプレーは?


ディフェンスの切れ目に走り込むプレーは通用しましたが、タックルとかフィジカル面ではまだ通用しない面があるのでもっと力をつけて、ウェイトもつけて通用するプレーをしたいです。


(チームとしては)全員がグラウンドに立っている状態を目標にしているので、アタックもディフェンスももっとやれば15人でプレーできるシチュエーションができればと思います。

2021年1月に開催された関東大会(日体大女子・CTBとして出場)

2021年1月に開催された関東大会(日体大女子・CTBとして出場)

――レスリーさんが指揮官になって、何が変わったか?


人に当たる前の2mから意識するようになった。(成長している手応えはありますか?)はい。


――2025年、2029年15人制のW杯を日本でやってほしいという気持ちはありますか?


日本でやって男子W杯のように盛り上がって知名度が上がっていけばいいと思います。大勢の前でプレーしたいなと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ