「もっと強くなって釜石に戻ってきます」フィジー代表、本来のパフォーマンスが出ず完敗 | ラグビージャパン365

「もっと強くなって釜石に戻ってきます」フィジー代表、本来のパフォーマンスが出ず完敗

2019/07/28

文●編集部


世界ランク9位のフィジー代表はここまで3週間で3試合。さらに1試合は海外遠征というハードなスケジュール。さらに30度を超える過酷な環境ということで本来のパフォーマンスを見せることができずジャパンに破れた。ヘッドコーチ、キャプテン、さらに54キャップを持ち現在フランスでプレーするLOレオネ・ナカラワが試合を振り返った。

「多くの学びがあった。ワールドカップに向けて今日の学びをつなげていきたい」フィジー代表 ジョン・マッキーHC 

ジョン・マッキーHC

ジョン・マッキーHC

今日は日本代表との試合ということで非常にタフな試合を想定していましたがその想定どおりでした。前半は日本のスタートがよかった。彼らの戦術も我々を上回っていましたし、実行力もありました。またディフェンスもよく、我々はなかなか解決策も見つからなかった。ハーフタイムで立て直しをしたかったがうまくいかなかった。それはターンオーバーした時、ルーズボールうまく処理できなかったことが大きかったと思います。


――4年前の対戦とジャパンで大きく違っていたことは?


今日は予測どおりジャパンはタフだった。期待通りのプレーができなかった。いろんなチームに所属したメンバーが集まったチームでコンビネーションがうまくいかなかった部分があったがテストマッチにおいては言い訳にならない。テストマッチ、こうした大会の1回目としてよくなかった。来週フィジーに戻り、今日多くの学びがありました。次のカナダ戦に向けいい準備をしていきたい。


――今回のベストメンバーに近かったと思いますがジャパンに敗れてしまいました


大変がっかりしましたけど、ただ旅をしてきてコンディションの部分でベストな状況ではなかった。NZマオリ、テストマッチというのはワールドカップに向けてステップアップするための試合。我々は常にワールドカップに注力しています。今日の試合については、コーチ、スタッフ、チームリーダーとすでに話をしました。今は次のカナダ戦にどう勝利していこうかと考えています。

「課題は得点力」フィジー代表・ドミニコ・ワンガニンブロトゥキャプテン

フィジー、キープレーヤーの一人SOボラボラ。ジャパンのプレッシャーになかなか主導権を握ることができなかった。

フィジー、キープレーヤーの一人SOボラボラ。ジャパンのプレッシャーになかなか主導権を握ることができなかった。

前半はプレッシャーを受け、なかなかキャッチアップすることができなかった。
常にリードを取られてしまっていた。


――日本のディフェンス、タックルの印象


ディフェンスだけでなく攻撃も強かった。後半は常にディフェンスに時間をかけなければならない状況だった。ミスを取り戻そうとしましたが、自分たちのミスを点にされてしまった。


――オフロードがうまくいかなったように見えたが…


特に天候を言い訳にはしたくない。我々は様々なクラブでプレーをして、いろいろな天候に慣れています。もっと色々と努力してワールドカップに臨んでいかなければならない。特に課題は得点力、ボールを奪ってから確実に得点につなげていきたい。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ