「ジャパンがティア1と戦えることをもう一度証明する」WTBウィリアム・トゥポウ | ラグビージャパン365

「ジャパンがティア1と戦えることをもう一度証明する」WTBウィリアム・トゥポウ

2019/10/09

文●編集部


アイルランド戦は直前でケガのため出場できなかったFB/CTBウィリアム・トゥポウ。目標であるベスト8入りを決めるスコットランドとの大一番を前に、「メンバーだろうが、ノンメンバーだろうがしっかりとした準備に専念したい」と話す。すでにケガの状態は回復し、出場する可能性もある。「ジャパンが戦えることを証明」するためにすべてを賭けてビッグマッチに挑む。

――ケガの状態は?

アイルランド戦のキャプテンズランでハムストリングスをやってしまいました。その時よりも大分いい状態になっています。試合メンバーに選ばれようが、ノンメンバーになろうが、しっかりとした準備に専念したい。強豪に対する試合ですが、自分たちにフォーカスしていきたい。


――高校の後輩であるムーア選手が活躍しています。1対1でのタックルでもしっかりとパフォーマンスを出していると思います。(ラグビー)リーグの経験がどう活きていますか。


ムーアの活躍は、自分にとっても非常に嬉しい。1対1のタックルところも、接点が重要視されるリーグラグビーやってきたからこそ、ああいう結果になっていると感じます。リーグラグビーでは、絶えずお互い身体をぶつけあうことばっかりやっていて、その努力の甲斐あってインターナショナルレベルでも、身体を当てて止めることができるんだということを証明してくれる、彼のパフォーマンスを嬉しく思いますし、地元の人々も喜んでいます。

――日本で開催のワールドカップで初めて準々決勝進出する可能性が高く、そのチームの一員であることについて


本当に達成できたら、夢がかなったみたいですね。2015年のワールドカップでは、ジャパンが南アフリカを破って、世界に日本のラグビーの力を証明しました。今回もロシア、アイルランド、サモアに対して、しっかりと自分たちの実力みせることができている。素晴らしい出来事が起こっています。それがどういう意味なのか、それは中々言葉では言い表せるものではないです。

このチームの一員であることを誇りに思いますし、名誉だと思っています。この先、プール戦を全勝して、準々決勝に進出して自分たちが掲げた目標を達成したいし、成長を遂げたい。


――ジャパンの方がスコットランドに勝つのではと思われていますが、ティア1のチームに勝てると思っているでしょうか。


正直、そういう思い込みはしていません。何にこだわるかというと、いい準備をするということと、しっかり自分たちの持っているプランを信じ切って、あたえられたプランを実行することで、戦えるということがアイルランド戦で証明されたと思います。スコットランド戦はかなりタフな試合になると思いますが、同じようにジャパンが戦えることを証明したいと思います。


――以前、奥様がセカンドコーチだと言われていました。どんなアドバイスをもらっていますか。3つのことをフォーカスするとも言われていました。どんなことにフォーカスしていますか。


セカンドコーチである奥さんからはケガをしたことについて「ストレッチが足りなかった」と言われました(笑)。

3つのフォーカス、自分のことを信じる。いい準備をする。楽しむ。あとはコリジョン(接点)の部分は好きなので、相手をドミネートしたいと思っています。とてもシンプルです。

――ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは、いろいろな信念もたせてくれると言われていますが選手としてはどう感じていますか。


まわりからはティア1に対してジャパンは勝てない、と今まで思われてきました。このチームには、自分たちがやってきた準備やプランを信じる力があります。ジェイミーやブラウニー(トニー・ブラウンアタックコーチ)の2人に提示されたプランを実行すれば、アイルランド戦のような素晴らしい勝利ができる。このまま継続していやっていきたい。

アイルランドに勝利した、今まで勢いに乗っているからといって、ここで気を抜くのではなく、ゼロからスタートとして切り替えて、これから始まるビッグゲームに対して、スコットランドはフィジカルが強いチームとの試合になるので。これまでと同じようなマインドセットで臨みたい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ