「スピードとコンタクトで勝つ」テストマッチ重要のロシア戦を必勝で臨む―HO坂手淳史 | Rugby Japan 365

「スピードとコンタクトで勝つ」テストマッチ重要のロシア戦を必勝で臨む―HO坂手淳史

2018/11/22

文●編集部


イングランド戦を終えロシア戦に向けた準備を進めるジェイミージャパン。HO坂手淳史が思う現在地とは。

――イングランド戦を終えて


「レビューをしても、勝てているところはあったし、足りないところもあったので、そこを今、チームで話し合っているところです。そこをロシア戦で出せたらいいなと思う。ラインアウトはだいぶ合ってきたなという手応えがある。ここまで4-5週間ずっと一緒にいて、ラインアウトを合わせてきているし、試合ごとにサインも変えながら合わせている。サインは選手同士で話し合って、コーチ陣にも入ってもらいながら、デコイの選手がどう動くかなど、細かいところを少しずつ変えている」

――イングランド戦は後半に流れが変わった。


「リードした後、自分たちに心の隙があったというか、相手がFW第一列のメンバーを変えてきて、スクラムが変わってしまった。日本も交替で入った選手たちはその変化に対応したけれど、僕ら先発で出ていた日本のスターターは対応できなかったのが反省点。良い試合をしたとは思うけれど、やはり勝ちきることが大事。後一歩、何が足りなかったのかを確認していきたい」


――ロシアについて


「映像を見た限り『大きいな』という印象が強いですね。見たのはナミビア戦の映像です。やってくることも、でかさ、強さを前面に出して、BKはダイレクトプレー、コンタクトプレーで攻めてくるという印象です。ティア1のチームはどこもBKが上手いけれど、そういう怖さはない。相手の強さ、スピードとコンタクトのところで勝たなきゃいけないと思っている」

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ