「相手より自分たちにフォーカス。世界一のチームという高い壁に挑む」リーチマイケル、田村優 | ラグビージャパン365

「相手より自分たちにフォーカス。世界一のチームという高い壁に挑む」リーチマイケル、田村優

2019/09/21

文●編集部


ロシアとの開幕戦に勝利したジェイミージャパン。互いに30歳、チームを牽引する、リーチマイケルキャプテンと田村優がロシア戦を終え、次戦、プール最強の敵、アイルランドとの対戦にむけた気持ちを話した。

「緊張して死ぬかと思った(笑)」田村優

──昨日の試合後は。


リーチ 昨日は試合後すぐロッカールームに戻って、遅かったのでホテルに帰り、ご飯を食べてすぐ寝ました。この後すぐミーティングをやりたいと思っています。

田村 この後すぐグループごとにミーティングをするので、(この会見を)できるだけ早く終わらせていただければと思っています(笑)。


──修正点は。


リーチ やってくるチームはほぼ(ロシア戦と)同じことをやってくるのではないかと思っています。自分たち(日本代表)の強みを消すためにいろいろやってきます。それに対応するには今からミーティングをして、もらったボールをどう使うかがポイントになると思います。

田村 プレッシャーがすごくかかっている状況なので、それを跳ね返していくことがずっと課題として残っていくと思います。これから3試合進めていく中で、みんなで協力し合って修正していけば越えられると思っています。

──昨日は緊張しましたか?


田村 緊張して死ぬかと思いました。ミスもありましたがボールを動かす時間もたくさんありましたし、苦労はしましたけど緊張から解き放たれて、次の試合の方がとても楽しみではあります。


リーチ リーダーの中でも意思統一できて、1週間かけて選手の準備もできました。ただ、かなりプレッシャーがかかった試合で、開幕戦が一番プレッシャーがかかる。緊張から上手くいかないこともありますが、昨日の試合はその中でも楽しんでやれたと思っています。周りの選手もすごく楽しんでいたと思います。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ