ジャパンXV、3連戦の初戦は後半逆転を許し勝利ならず。 | ラグビージャパン365

ジャパンXV、3連戦の初戦は後半逆転を許し勝利ならず。

2022/10/02

文●編集部


ラグビー日本代表は「JAPAN XV」としてオーストラリアAと秩父宮ラグビー場で対戦。

フラッグを手に先導入場したのはRWC2017のサクラ15田坂藍さんと三村亜生さん

フラッグを手に先導入場したのはRWC2017のサクラ15田坂藍さんと三村亜生さん



秋シーズンの初戦となるこの試合は、19,729人の超満員となった。「テストマッチと同様のアプローチで試合に臨む」(ジェイミー・ジョセフHC)というように、現時点でベストパフォーマンスが出せる23人がメンバー入りを果たした。

国歌斉唱・ジャパンXV

国歌斉唱・ジャパンXV



相手のオーストラリアAもワラビーズ入りを目指す、若手、経験値ある選手で構成。キャプテンを務めるSHライアン・ロネガンは「短い準備期間の中で、どれだけワラビーズのラグビーを取り込むことができるか。試合でのパフォーマンスがワラビーズ入りにつながる」として、高いモチベーションで臨んでいると話した。

国歌斉唱・オーストラリアA

国歌斉唱・オーストラリアA


試合は、序盤初先発のSO中尾隼太(ブレイブルーパス東京)のPGで先制すると互いにPGを決め合い9-6とジャパンがリードして後半を迎える。

初先発のSO中尾隼太

初先発のSO中尾隼太



中尾隼太は前半3本のPGを全て成功させた

中尾隼太は前半3本のPGを全て成功させた

先発のワクァは前半7分、負傷交代となった

先発のワクァは前半7分、負傷交代となった



速い球さばきで相手を翻弄したSH齋藤直人

速い球さばきで相手を翻弄したSH齋藤直人


中野将伍の突破

中野将伍の突破

ゲラード・ファンデンヒーファーまでボールがつながるがタッチライン外に押し出されトライならず

ゲラード・ファンデンヒーファーまでボールがつながるがタッチライン外に押し出されトライならず



前半27分、中尾のキックを捕ったライリーが前進

前半27分、中尾のキックを捕ったライリーが前進

リザーブの松島。日本でピッチに姿を見せるのは2年半ぶり

リザーブの松島。日本でピッチに姿を見せるのは2年半ぶり



後半5分、シオサイア・フィフィタのトライで14-6とリードを広げた

後半5分、シオサイア・フィフィタのトライで14-6とリードを広げた



後半5分、ジャパンは敵陣22m付近のマイボールスクラムから、BKに展開。完全に相手ディフェンスを崩してシオサイア・フィフィタがトライを決めた。



後半10分、SH齋藤直人から流大へ。FL下川甲嗣から姫野和樹へ交代

後半10分、SH齋藤直人から流大へ。FL下川甲嗣から姫野和樹へ交代



攻勢をかけるジャパン。敵陣22mでボールを奪いアタックを継続。中尾のチップキックをフィフィタがキャッチし、山中亮平にオフロードパス。これが繋がり山中がゴール前へ迫るも・・・

攻勢をかけるジャパン。敵陣22mでボールを奪いアタックを継続。中尾のチップキックをフィフィタがキャッチし、山中亮平にオフロードパス。これが繋がり山中がゴール前へ迫るも・・・


ダウグヌのトライセービングにあいボールをグラウディングできず。

ダウグヌのトライセービングにあいボールをグラウディングできず。


山中に駆け寄るワーナー・ディアンズ

山中に駆け寄るワーナー・ディアンズ




後半14分、中尾が3本目のPGをきめ17-13とすると、ジャパンはWTB松島幸太朗を投入。フランスでプレーした松島が久しぶりに秩父宮のピッチに立つと会場からは大きな歓声があがった。

後半15分途中出場したばかりのWTB松島幸太朗がトライ

後半15分途中出場したばかりのWTB松島幸太朗がトライ



松島投入から1分も立たないうちに、ボールが展開され、ラストパスが松島に。しっかりと右隅にトライを決め22-13と大きくリード。ジャパンのペースになったかと思われた。


盛り上がるスタジアム

盛り上がるスタジアム


後半20分から出場したPR竹内柊平

後半20分から出場したPR竹内柊平



後半18分、オーストラリアAがブラッド・ウィルキンのトライで再び2点差まで追い上げると21分、ナワンガニタワシの連続トライで逆転を許すと、後半33分、再びナワンガニタワシにトライを決められ22-34とされ試合終了。3連戦の初戦は後半20分以降の苦しい時間帯で逆転を許し勝利を飾ることができなかった。

ノンメンバーたちもスタジアムに訪れていた

ノンメンバーたちもスタジアムに訪れていた

後半リザーブの第1列・左から竹内柊平、堀越康介、三浦昌悟

後半リザーブの第1列・左から竹内柊平、堀越康介、三浦昌悟



試合後、話をする中尾隼太と山沢拓也

試合後、話をする中尾隼太と山沢拓也

ジェイミー・ジョセフHC

ジェイミー・ジョセフHC

ジェイミー・ジョセフHC



私達にとっては(秋シーズンの)初戦ですから。新たに加わった選手たちは、テストマッチラグビーの厳しさがどのようなものか味わったと思います。とても強いオーストラリアAと戦って、自分たちの力を発揮することはできていました。試合の中では、優位な場面も、劣勢な場面もありましたが、チームとしてはいいスタートがきれたと思います。

坂手淳史キャプテン

坂手淳史キャプテン

坂手淳史キャプテン


本当にたくさんのお客さんに入っていただけてすごく嬉しかったですが、それに対して結果を出して応えたかったです。

いい形のところもありました。ディフェンス練習してきたこと。ダブルタックルにしっかり入れた部分。アタックでも継続すればゲインも取れていました。


ただ、細かいミス、フィフティーフィフティーのボールが取れず相手にゲインラインを切られてしまいました。映像を見てしっかりレビューして、あと2試合できるんで、修正して次は勝てるように頑張りたい。

HIGHLIGHT

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ