ロシア戦は一番大事な試合。優さんとは違うところを出したい―SO松田力也 | Rugby Japan 365

ロシア戦は一番大事な試合。優さんとは違うところを出したい―SO松田力也

2018/11/22

文●編集部


ジャパンの絶対的司令塔、田村優。田村一人だけで勝ち抜くほどワールドカップは甘くない。もうひとりの司令塔を託されている松田力也。出場時間は限られているが、真骨頂であるボールキャリーをイングランド戦でも見せた。ロシア戦への思いは。

「先週までの準備の段階から、ジェイミーからは今週のラストゲームのロシア戦が一番タフな試合になると言われてきたし、選手の間でも、いい準備をして臨もうと話し合っています。花園の世界選抜戦から始まって、ニュージーランド、イングランドと対戦してきて、今度はお互いにアウェー同士のロシア戦、世界ランクでも一番下と言うことで、メンタルの準備が難しくなる。だからこそ一番大事な試合になるという位置づけです」

――どんな試合に


「ここまでの3試合は結果として勝っていない。テストマッチでは勝つという結果が大事です。ロシアは大きくてパワフルな選手が多いので、ブレイクダウンのプレッシャーの掛け合いになる。アタックは日本の得意なアタックで、キックも使って相手を背走させて消耗させたい」


――スタートで出られたとしたら、どんなプレーを。


「久しぶりのスタートになるので、今までよりも成長したところを見せたい。自分の中では言い準備ができていると思う。イングランド戦でも、練習でしっかり準備したプレーは通用していたので、自分は前半は見ているだけだったけれど自信になった。今度スタートで出られたら、自分もそれをスタートから変わらずに遂行できることを証明すれば自分の自信にもなるし、(田村)優さんとはまた違ったところも見せられればいいなと思う」


――田村優を見て学んだこととは。


「部屋が一緒になることも多いので、準備する姿をよく見ています。映像もよく見るし、サインについてもノートを取ったり、そういう姿が勉強になる。FWに対する指示でも優さんは迷わないので、そういうところが一番大事になると思う」


――ロシアはワールドカップ初戦で戦う相手です。


「向こうにとっても日本は開幕戦で戦う相手で、情報が少ない中での対戦なので、試合が始まってから相手のプレーを見ながら分析して戦うことになると思うけど、やることはシンプルなので、自分たちのやることさえ出来ればゲームははまってくると思う。逆に、シンプルなところで後手を踏むと、不用意なペナルティを犯したりして相手にペースを渡してしまうことになる。そうならないように、『日本には何回やっても勝てないな』という印象を与えることができればいいと思う」


――さきほど言われた『優さんと違うところを出したい』とはどんなところか。


「優さんはまわりを使うのが上手いけど、自分の方が、ボールを持って前へ仕掛ける力は力はあると思うので、そこを見せられたら良いなと思う」


 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ