世界最強のスクラムと対峙する―ジョージア戦直前SP・ジョージアとの過去4戦を振り返る | Rugby Japan 365

世界最強のスクラムと対峙する―ジョージア戦直前SP・ジョージアとの過去4戦を振り返る

2018/06/23

文●編集部


ジェイミージャパンこと、ラグビー日本代表は23日、豊田スタジアムでジョージア代表とテストマッチを行う。イタリアとの2戦を1勝1敗としたジャパンは、この試合に勝利してこのテストマッチを2019年にむけたレベルアップにつなげていきたい。

若い選手が多いイタリア代表に比べ、今回試合登録されたジョージアの選手たちは経験値が高く、総キャップ数は886。(ジャパンは489)さらに2015年のワールドカップを経験している選手が多く、「今のイタリアよりもジョージアの方が強いのでは」という声もあるほど手強い相手だ。

試合登録メンバー(ジャパン)

1 稲垣 啓太(21)
2 堀江 翔太(57)
3 具 智元(4)
4 アニセ サムエラ(9)
5 真壁 伸弥(36)
6 リーチ マイケル ◎(55)
7 布巻 峻介(5)
8 アマナキ・レレイ・マフィ (21)
9 流 大(11)
10 田村 優(50)
11 山田 章仁(23)
12 立川 理道(54)
13 ラファエレ ティモシー(10)
14 レメキ ロマノ ラヴァ(7)
15 野口 竜司(12)
16 庭井 祐輔(5)
17 石原 慎太郎(10)
18 浅原 拓真(11)
19 ヴィンピー・ファンデルヴァルト(5)
20 姫野 和樹(5)
21 西川 征克(-)
22 田中 史朗(66)
23 松田 力也(12)

合計:489キャップ

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ