日本からプレッシャーを受けている状況でボーナスポイントを優先に考えた-アイルランドをジャパンが追い詰めた SOカーベリーに訊く | ラグビージャパン365

日本からプレッシャーを受けている状況でボーナスポイントを優先に考えた-アイルランドをジャパンが追い詰めた SOカーベリーに訊く

2019/09/29

文●編集部


28日、世界のラグビーシーンに衝撃が走った。ラグビーワールドカップ2019でラグビー日本代表がアイルランド代表に勝利した。試合終了間際、ジャパンは敵陣ゴール前でダメ押しのトライをかけて攻撃をしていた。SH田中史朗からPR中島イシレリへのパス。イシレリがボールをハンブルしアイルランドボールへ。そこで試合終了の鐘がなった。インゴールでボールを待っていたSOカーベリーはボールをタッチに蹴り出した。

プール戦上位2チームに残らなければ準々決勝へ進むことができない。自陣ゴール前からもう一度アタックをしてトライとコンバージョンを決め19-19と同点にして勝ち点2を取ることもできたが、その反面、もし日本の反撃にあい失点を許すと勝ち点0となり今後の戦い方に大きな影響を与えることになる。

アイルランドにはジャパンのプレッシャーが非常に大きく、勝ち点1を狙わざるを得ない状況だったとカーベリーは試合後話した。

――最後の場面、ボールをタッチに蹴りだしたのは?


プレッシャーがかけられた状態でしたし、ボーナスポイントのことを考えたら、後ろのスペースもあまりない状況だったので蹴りだすことを決めました。それは初めからそのような話をしてはいませんでした。

――今日のジャパンのパフォーマンスについて


今日はとてもプレッシャーを受けていましたし、それにあわせていかなければならなかった。日本はフィールドを広くつかっていました。今日の試合を学びにして、今後にむけて改善していきたい。

ピッチに出たときは、もっとテンポアップをしたかった。実際は、選手たちが広がっている状態だったのであまり使えるオプションが少なかった。非常にプレッシャーをうけていました。ディフェンスラインも整備されていて我々に残されたスペースが少なかった。その中で戦うことは難しかったです。

今後はディフェンスの方も強化したいし、プレッシャーを受けるのではなく、与えるようにしたい。今日は日本のキッキングが素晴らしかった。ディシプリンももう少し修正していきたい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ