流経大柏がBシード・尾道に勝利し3回戦進出 | ラグビージャパン365

流経大柏がBシード・尾道に勝利し3回戦進出

2023/12/31

文●編集部


12月30日、第103回全国高校ラグビー大会は3日目、2回戦が行われた。Bシード尾道(広島)は、流経大柏(千葉)と対戦。互いに自信をもっているフィジカルバトルで尾道が優勢に試合を進め、流経大柏にボールを展開させず21-10とリードして前半を終えた。しかし後半、サイドを変えた流経大柏が流れを引き戻すとボールをワイドに展開しトライを量産。21-32で勝利し、シードバックを達成した。

前半3分、流経大柏がPGで先制すると、12分、FWの接点で前に出た尾道が敵陣22mに入ると、高校日本代表候補のSH竹本悠希が裏スペースへショートパント。そのボールをFB水谷康生が抑えトライ。SO堂免遙生のゴールも決まり7-3と尾道が逆転。



さらに19分、尾道は敵陣ゴール前のモールを押し込み、HO杉本天がトライを決め14-3とリードを広げる。追いかける流経大柏も、ゴール前ラインアウトからモールを押し込みHO土方倖矢を返し14-10とする。

尾道は前半終了間際の28分、ゴール前ラックからLO辻井春希が長身を活かして相手にタックルを受けながらもボールをねじ込み中央にトライ。21-10とリードを広げて前半を終えた。


後半の入り、流経大柏は前半と同様にPGを刻んで21-13とし、迎えた7分、敵陣10m付近から流経大柏が左オープンサイドに展開。CTB阿部煌生からパスを受けたNO8佐藤椋介が相手ディフェンダーのタックルを弾き飛ばしトライ21-20と1点差としてチームに流れをもたらした。



NO8佐藤椋介のトライがチームに勢いをもたらした

NO8佐藤椋介のトライがチームに勢いをもたらした


さらに9分、自陣10m付近で相手がノックオンしたボールを素早く展開した流経大柏。CTB阿部煌生がスペースに走り込み、WTB西機大河へオフロードパス。これが繋がってトライ。流経大柏が逆転に成功。このトライで一気に流れを掴んだ流経大は17分、ゴール前ラインアウトを押し込みHO土方が2本目のトライを決めて21-32とリードを広げた。結局そのままノーサイド。流経大柏がシートバックを達成し、3回戦進出を決めた。





流経大柏 相亮太監督



前半はちょっと気持ちが入りすぎていたかな。それを三田村がうまく打開したし、佐藤椋介があれだけパワフルにゲイン切ったし、流経のNO8としては◯です。後半の終盤にゲームが動くというふうに思っていたんで、そこで走りかつだけの準備はしてきていましたし。リードされた前半もありましたけど、自陣でのエラー2つだけだったので、その点では修正できるかなと思っていました。しっかりと60分間で逆転県内の点差でマネジメントしていくということに対して選手たちが一番冷静だったかなと思います。

チームとしての反省はまだまだちょっと波もありますけど、カウンターラックがあって最後効いてきましたね。




――後半、相手を0点に抑えました


今年はディフェンスが売りのところがあるので、それがうまくハマったし、スーパースターもいないけど、自分たちが弱いということを知っているだけに一生懸命やってくれました。1年間弱いと言われたけど、弱いのは今日までで、来年から強くなるからねというふうに言ってその通りになりました。高校生は急に、たった30分で成長するんだなということを感じました。

流経大柏 阿部煌生キャプテン


前半キックしかしなかったので、後半は割り切ってリスク覚悟で攻めないと絶対勝てないので、流経らしい見ていて面白いラグビーを展開しようという話をしました。それが後半活きてきたんじゃないかと思います。

初戦を終えて、相監督から去年の京都成章戦のようなゲームをやるような話がありました。自分もそのときSOとして出てゲームコントロールで苦戦していました。割り切って、高校生らしいプレーしないと見ている人も感動しないし、絶対勝てないということで、相さんから言われたことをみんなでイメージして出てきたと思います。今日はFW戦で勝ちました。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ