準々決勝を勝利したキャプテン試合後コメント | ラグビージャパン365

準々決勝を勝利したキャプテン試合後コメント

2024/01/04

文●編集部


3日に行われた第103回全国高校ラグビーフットボール大会、準々決勝の結果を受けて準決勝の抽選会の結果、5日に行われる準決勝の対戦カードが決定した。

準決勝(2024年1月5日)の対戦カード

第1試合: 桐蔭学園ー大阪桐蔭
第2試合: 佐賀工業ー東福岡


春の選抜大会で優勝した桐蔭学園は、5大会ぶりの優勝を目指す大阪桐蔭を迎え撃つ。昨年春の対戦では38-10で桐蔭学園が勝利している。果たして。

ディフェンディングチャンピオンの東福岡は佐賀工業との「九州対決」に挑む。九州大会では17-16と1点差で東福岡が勝利。ワールドユースでは7点差、国体では福岡県との決勝でこちらも1点差で福岡県が勝利している。準々決勝を終え、佐賀工業・枝吉監督は「競った中でどうやったら勝てるのかというのをみんな凄くイメージしている」とこれまでの敗戦が現状のチーム力にポジティブに働いていると話した。果たして、花園の大舞台ではどちらが勝利するのか。

桐蔭学園 城央祐キャプテン

桐蔭学園・城キャプテン

桐蔭学園・城キャプテン



前半はゲームプラン通りのプレーができたが、後半は仰星のアタックに圧倒されてしまった。いいようにやられてしまった。(接点にプレッシャーを)かけたところで取り切れなかった。人数が足らないのでやられてしまう。一人ひとりのジャッジが良くなかった。

ディフェンスは自分たちの甘さが出た。一人ひとりのタックル精度だったり、ペナルティーしてしまったり、そこは一人一人の意識の問題なので、準決勝までに修正したい。


佐賀工業 大和哲将キャプテン

去年、一昨年と負けてきた先輩対地の壁を越えられて嬉しく思います。(Aシードのプレッシャーは)得にはなくて、常にチャレンジャーと言い続けてきました。自分たちのラグビーを一戦一戦やろうとしていた。バイスキャプテンの古賀や機転のきくFWもたくさんいるので、アタック、ディフェンスで前にでてくれてFWがいい流れを持ってきてくれた。準決勝を越えて、決勝、自分たちの目標である日本一にむけて頑張りたい。

東福岡 高比良恭介キャプテン

(準々決勝から)コンタクト強度が上がるのはわかっていたので、自分たちの持っているものを60分間出そうと思っていました。今日は特にFWで優位に立てたので試合も自分たちのペースに持っていけた。(ベスト4に入って)ホッとしています。自分たちの代で試合ができるのは多くてもあと2試合なので楽しんでやっていきたい。

大阪桐蔭 林田力キャプテン

最後の最後まで競った試合で緊張感があって、気の抜けない試合でした。自分たちのやってきたことを信じて出せた結果でした。最後の笛がなるまでフルファイトしようと言ってました。最後までチームが緩くならずに戦い切れた。

(桐蔭学園に向けては)シンプルに前に出てくるラグビーをしてくるので、粘り強いディフェンスしてアタックでも接点で勝ちたい。相手のNO8城選手を警戒しています。


左から、高比良(東福岡)、大和(佐賀工業)、林田(大阪桐蔭)キャプテン

左から、高比良(東福岡)、大和(佐賀工業)、林田(大阪桐蔭)キャプテン

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ