「すべて戦えるところは戦う」サンウルブズ・トニー・ブラウンBKコーチ「4週間良い期間を過ごせた」 | Rugby Japan 365

「すべて戦えるところは戦う」サンウルブズ・トニー・ブラウンBKコーチ「4週間良い期間を過ごせた」

2018/02/24

文●編集部


スーパーラグビー・ヒトコムサンウルブズは24日、3シーズン目の初戦・ブランビーズとの戦いを迎える。ジェイミー・ジョセフヘッドコーチとともにチーム作りをしてきたトニー・ブラウンコーチが取材に応じた。

「はやいテンポで展開するのが我々の特徴なので、はやいテンポでプレッシャーをかけたい。」

――どういう部分で優位に立って勝ちたい?


この4週、ゲームプランを構築させるために、みんな懸命にハードワークしてきたので、それを完璧に遂行するだけです。


――半分くらい新しい選手です。


チャレンジなところは多々ありましたが、ジェイミー・ジョセフ、スコット・ハンセン、そして私もワクワクしてやっています。やっとここまで来て、本番を迎えることは楽しみに思っています。


――相手のメンバーの印象は?


非常にブランビーズは昔から質が高い、強豪チームで、いいチームカルチャーがあります。


――どのエリアでプレッシャーをかけたい?


はやいテンポで展開するのが我々の特徴なので、はやいテンポでプレッシャーをかけたい。


――オーストラリア勢と対戦するにあたって注意したいことは?


80分しっかり戦い切るところが強みなので、我々も同様に戦い続けないといけない。スーパーラグビーのフィジカル面はトップリーグよりも断然強いので、そこは準備しないといけない。


――バックスリーを自由に走らせる印象ですが?


バックスリーはかなり危険な選手として使わないといけないので、フリーライセンスを与えています。ホセア・サウマキ、レメキ、ジェイソン・エミリーにフリーライセンスを与えてしっかり攻撃したい。スペース作ってあげて、思いっきりそこをバックスリーがアタックしていく。


――山田、リーチが入っていない理由は?


聞く人を間違っています(苦笑)。ボスに聞いてください。


プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ