「どれだけ強いのか相手になってやってみたい」古巣チーフスとの戦い・リーチマイケル | Rugby Japan 365

「どれだけ強いのか相手になってやってみたい」古巣チーフスとの戦い・リーチマイケル

2018/03/24

文●編集部


昨年まで在籍していたチーフスをホーム・秩父宮へ迎えるリーチマイケル。「スーパーラグビーの中でとても強いチーム」とリスペクトしながらも、「強さを感じてみたい」と試合に向けて楽しみであることを語った。チーム状態では「堀江やフミが戻ってきて経験値が上がって、周りが少し安心している」と厳しい戦いが予想されるものの、その中でも初勝利をかけて戦うマインドがセットされているようだ。

――現在の状況は


今週、とてもフィジカルで(身体を)当てました。いい感じで緊張しています。スーパーラグビーの中でとても強いチームとやるので楽しみ。生のチーフスが見られてファンも楽しめると思いますし、サンウルブズが勝てば、いい自信になります。


――チーフスは昨年までリーチが在籍しました。


3年間プレーしていて、どれだけ強いか、相手になってやってみたい。すごく楽しみです。


――相手の弱点は


個々の能力がすごく高くて、一番の弱点はスクラムかなと思います。そこを狙いたいと思います。チームにそういう話もしているし、FWも準備しています。


――今週はショートウィークです。


ジェイミーが興奮し過ぎて、練習の内容が全部コンタクトありで…。いい感じに身体がいい準備できています。


――相手のキャプテンのFLケインについて


タックルが本当に強いので、一回、身体を当ててどれだけ強いか感じてみたい。(ジャッカルは)あまり内にいかないように、どんどん外にいくように準備しています。


――ラインアウトについて


お互いにとってどこにスペースあるか、どこにコールかけるか心理戦になる。自分たちのプランをたてて、どう崩すか、ラインアウトが重要なポイントになります。


――マッケンジー対策は?


DFのラインスピードを上げてプレッシャーを与える。どんどんラインスピードを上げると自分で何かしようとする。トリッキーな選手だから、ちゃんと見ないといけない。(DFは)だいぶ良くなってきた。いくら練習しても試合でやらないとわからない。お互いの癖やチームでやらないといけないことはわかってきました。


――HO堀江、SH田中、SO田村という経験ある選手が戻って来ました。 


かなり期待しています。遠征から帰ってきたら、田村がチームを引っ張っています。さっきもチームをどう落ち着かせるか話をしました。堀江、フミが戻って来て経験値上がって周りが少し安心しています。キャプテンのSH流がベンチにいて、後半からのインパクトに効くと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ