「もう大丈夫。日本で勝ちたい」肋骨骨折から復帰・リーチ「自信は失っていない。強い相手と戦っているから」 | Rugby Japan 365

「もう大丈夫。日本で勝ちたい」肋骨骨折から復帰・リーチ「自信は失っていない。強い相手と戦っているから」

2018/05/09

文●編集部


肋骨骨折でチームから離脱していたリーチマイケルがチームに合流。元気な姿を見せた。週末のレッズ戦への意気込み、6月の日本代表戦について思いを訊いた。

「勘違いしないでほしい。サンウルブズはサンウルブズ。代表とは全く別」

(骨折について)もう大丈夫だと思います。オペはしていないです。トレーニングは今日はじめて参加しました。(骨が)くっつくまでは何もできないから、レスト。3週間目くらいからやっとジョギングを痛くない範囲で。3週間くらいニュージランドに帰っていました。


――欠場していた間のサンウルブズの戦いについては?


スコアはしている。ディフェンスが一番のキーですよね。開始5分とかでトライされたり。流れつくりにくい(状況だった)。力が上がっているのは、上がっている。ディフェンスはいろいろ細かいことまでやらなければならない。(試合出場するまでは)そこまで時間はかからないです。(今週からでも)出れると思います。


プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ