「ワールドカップとスーパーラグビーは別物」開幕から未勝利のサンウルブズ・指揮官はチームの現状をどう捉えているか | Rugby Japan 365

「ワールドカップとスーパーラグビーは別物」開幕から未勝利のサンウルブズ・指揮官はチームの現状をどう捉えているか

2018/04/15

文●編集部


開幕から8連敗。トップ5入りを目指すヒトコムサンウルブズはその目標が現実とはかけ離れたものであることを受け止めなければならない結果が続いている。日本代表、サンウルブズのヘッドコーチを兼任するジェイミー・ジョセフはこの現状をどう捉えているのか。来週から2週間にわたりNZツアーに入る。NZカンファレンスでもトップを走る、クルセイダーズ、ハリケーンズとの対戦は、マインドセットをしっかりと持って臨まないと厳しい戦いになることは必至だ。

後半自分たちのミスから相手に自信を与えてしまった

――チャンスがある試合だったと思いますが。


非常に残念です。チーム全体もそう思っています。前半、相手に大きなプレッシャー与えられていた。もう7点を取れば、さらに畳み掛けられたと思います。ハーフタイムに入ったところでは選手たちは自信に満ちあふれていました。

ブルーズはしつこいチームで、Xファクター持っている選手がいるので、攻撃をやめないことを念頭に置いて戦っていたが、(後半)相手に主導権をわたしてしまった。

それは(後半の)ファーストキックオフのところで、こっちがしっかりプレッシャーをかけてキックをしたのですが、それをノックオンしてしまった。ノックオンは個人のミスですが、そこからブレイクされてスコアまでもっていかれました。そういったプレーで、前半、相手が持っていなかった自信を与えてしまった。

前半は、相手に我々がプレッシャーをかけていたから自信がなかった。ブルーズは我々に似ていて、いいプレーすると止められない。我々がミスを重ねて自信喪失につながってしまった。


プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ