サンウルブズの現在地――田邉淳コーチに訊く。ブルーズ戦、そして、NZツアーへの展望 | Rugby Japan 365

サンウルブズの現在地――田邉淳コーチに訊く。ブルーズ戦、そして、NZツアーへの展望

2018/04/15

文●編集部


開幕8連敗。大きな期待の反動で、サンウルブズへのプレッシャーはさらに高まってしまった。刺激的な見出しの記事もある中で、来週から始まるNZツアー。クルセイダーズとハリケーンズ、スーパーラグビーの中で上位となる2チームとの対戦にむけて、マインドセットを切り替えていかなければならない。だからこそ、サンウルブズの現状を冷静に見ていきたい。田邉淳スキルコーチに試合後話を聞いた。

前半いい試合をしていたが、後半、間違いなくグラウンドレベルで感じたのは疲れて個々の動きになったのと、コンタクトエリアで受け身を受けてしまって、オフロードをつながれ1パス、2パスで相手に勢いがついてしまったというのがあったのかなと思います。

前半はディフェンスでプレッシャーをかけられたと思うし、やりたいディフェンスができた。でもターンオーバーが起きたときに1,2つ蹴るのが早かった場面もあったし、そこで我慢できればトライもできたかなと思います。

――後半は風上でした。


予報では後半は南風になるので、前半風下、後半風上というプランでした。でも相手がボールキープしていて敵陣に入れなかった。ターンオーバーしてボールをキープし続けて、(そこから蹴って)背走させたりして、テリトリーにフォーカスできれば、3点、6点、9点とスコアボードにプレッシャーを与えられたのではないかなと思います。


――入りが悪かったのは修正できた?


最初20分、後半最初10分はスタッツが悪かった。修正点として選手といっしょに考えたが 機能していないというのはあります。この試合は(最初から)相手をかき乱すというマインドセットは良かった。


――接点で力負けしてしまいました。


相手のアタックは劇的に変わったわけではない。過去6試合では他のチームでは変えてきたが、ブルーズは(後半)同じアタックをしてきた。エッジから1つ戻したら、またショートサイドという攻めが多かった。たけどだんだん(接点で)受け身になって、オフロードでつながれることが多かった。


――疲れもあったか?


そうだと思います。典型的なのはセミシ(・マシレワ)がインターセプトを狙ったシーンです。だんだん疲れてくるとシステムを無視した個々の動きになってしまう。後半、随所に見られた。


――フィットネスが足らないのか?


数値上ではそうではない。コンビネーションというところは、セミシはNDSから参加した選手なので、我々のやりたいアタックを100%理解できているかというところも含めて、8〜9ヵ国の文化があるところで難しさがありますね。やっぱりこのいろんな国から来ている選手をまとめる難しさは確かにあります。

ラインアウトもとれているが、そこからのデリバリーのアタックが課題です。オーバースローもありましたが、疲れなのか、フィットネスか、個々のスキルなのか。引き続きやらないといけない


――いろんな国の選手がいて誰がリーダーとして引っ張っていくのか。


そこも先週の試合のレビューで出ました。誰がリーダーで、誰が何を言うか、誰の目を見て話すのか。誰がしゃべるのかはだいたい決まっています。ウォーターボーイとして通訳としてすぐに入るようにしていますが、選手はフラストレーションがたまっています。


――後半、トライが1つ取れていればという展開でした。


キックオフか敵陣に入ってボールを再獲得したが、ミスやペナルティーがあった。悪循環でした。


――ディフェンスについて


前半はディフェンス良かった。後半の2つ目のトライは3〜4人が外された。システムなのか、テクニックなのか、個々の気持ちなのか、ビデオを見返さないとわからない。タックルもそうだがアタックでは、高いキャリーの選手もいてヘルドアップされる選手もいました。


――外でディフェンス人数足らなくなる場面も。


この試合では14人で立ってディフェンスするというテーマでした。ラックに3〜4人入っている場面があった。なんでそうなったのかレビューしないといけない。相手のオフロードが怖く、2〜3人入ってしまっていた。


――両翼のディフェンスには課題があると思いますが。 


トライ取らないと勝てないというのもあります。このチームのWTBはトライ取る能力と ディフェンスできる能力と両方ないといけないですが、今いる選手を鍛えていくしかない。


――NZツアーが始まります。


NZに行くことを楽しみにしている選手もいます。本当にいい結果出したい。クルセイダーズ、ハリケーンズは世界のトップレベルのクラブです。どうチャレンジできるか、というところがあります。1人ひとりが99%しか出せないと大量失点の可能性もあるので、全員が100%出せるようにという気持ちで臨んでいきたい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ