サンウルブズ3年目始動!流・ブリッツが共同キャプテンでチームを牽引する | Rugby Japan 365

サンウルブズ3年目始動!流・ブリッツが共同キャプテンでチームを牽引する

2018/01/29

文●編集部


スーパーラグビー・3年目のシーズンを迎えるヒトコム・サンウルブズは29日、大分県別府市の実相寺多目的施設内ラグビー場でプレシーズン第一次合宿を開始した。SH流大(サントリー)とNO8ヴィリー・ブリッツ(NTTコム)が共同キャプテンとしてチームを牽引する。

「自分で普通のことをやってきたつもりでしたが、その辺が評価されたことはうれしい。」流大共同キャプテン

――まず、キャプテンに選ばれた感想を


チャレンジになると思います。スーパーラグビー初でキャプテンということで、プレーもまずしっかりしないといけないですが、リーダーシップも(やらなければいけない)ということで、ビリー(・ブリッツ)と助け合いながらやっていきたい。


――スーパーラグビー0キャップですが、キャプテンです。


まずは9番としてプレーでチームを引っ張ることがリーダーシップだと思うので、その辺もやっていきたい。ポジション争いも大事だと思っています。


――いつジェイミー・ジョセフHCから言われた?


表彰式の次の日に都内で行ったミーティングに呼ばれました。(そこで)キャプテンで行くからと言われて、「は、はい」と。でもそんなに(帝京大学やサントリー時代と)違いはないと思っていて、まずプレーで引っ張ること(が大事だと)。


また今年はジョージア、トンガ、韓国、ニュージーランドといろんな国籍の選手がいて、文化も言葉ももちろん違うので、チームカルチャー的なことをまずしっかり作らないといけない。


長いシーズンになるので、ぶれてくることもあると思いますが、今日もきついことやったので、その辺を乗り越えてチームの文化を作っていきたい。


プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ