ブルーズ戦メンバー発表「攻守切り替えのところのディフェンスには課題がある」 | Rugby Japan 365

ブルーズ戦メンバー発表「攻守切り替えのところのディフェンスには課題がある」

2018/04/12

文●編集部


ヒトコムサンウルブズは「三菱地所スーパーラグビー2018・ラウンド9・ブルーズ戦」の試合登録メンバーを発表した。

試合登録メンバー ※カッコ内はSRキャップ数

1 クレイグ・ミラー (16)
2 堀江翔太 (38)
3 具智元 (11)
4 ジェームス・ムーア (3)
5 グラント・ハッティング (58)
6 徳永祥尭 (11)
7 ピーター・ラピース・ラブスカフニ (53)
8 姫野和樹 (5)
9 流大 (6)
10 田村優 (26)
11 レメキ ロマノ ラヴァ (5)
12 マイケル・リトル (4)
13 ラファエレ ティモシー (13)
14 セミシ・マシレワ (19)
15 松島幸太朗 (17)
16 ジャバ・ブレグバゼ (2)
17 石原慎太郎 (2)
18 ニコロズ・カティアシヴィリ (1)
19 ヴィンピー・ファンデルヴァルト (23)
20 ヴィリー・ブリッツ (42)
21 田中史朗 (57)
22 ヘイデン・パーカー (33)
23 ウィリアム・トゥポウ (24)

――ワラターズ戦から1人先発替えたが、その意図は?


ジョセフHC パフォーマンスです。LOグラント(・ハッティング)はケガをしていましたが経験値が高い選手です。シャークス戦でもいいパフォーマンスしていました。胸骨のケガをして離脱していましたが(復帰したので)先発に。(サム・)ワイクスに関してはロックにはロックの仕事があるのですが、片方のロックがタックルを11本、もうひとりが2本していない。もっと(ワイクスには)仕事量を上げてもらいたいという意味で替えています。

――1人しか先発を替えなかったということに関して、チーム作りに関してポジティブですか?


コンディションとケガというところがあって、今まで変更が多かったところがあります。そのため積み重ねができない、チームを作り上げることができなかった。ケガともう一つ言えるのは、選手が求められるレベルのパフォーマンスを満たしていなかったということ。

一貫性をもたせるという点においては、うまくいっているときは一貫してメンバーを固定していきたい。課題が残るところは練習でやっています。今回、ハッティングというスキルのあるLOが入って来ました。彼はサンウルブズの戦いにフィットしていると思います。


――ワラターズ戦で、(コートニー)ビール、フォーリーが入っていろんなことをしてきてFWがディフェンスしたり、LOジェームズ・ムーアのミスもありました。


2つあります。セットプレーからオーバースローがあって、個々のエラーもありました。もう一つ、アンストラクチャーから高いスキルが求められている場面で、ジェームズはもう1パスをしていればトライになったところ(できなかった)。トップリーグの経験はあるものの、このレベルの経験はない。でも他の日本人選手と同様に、(ムーアは)来年、日本代表の資格を得られる選手のひとりなので、スーパーラグビーを使って育成していきたい。


――ディフェンスに関しては


かなり今週、時間をかけています。セットプレーからディフェンスは大丈夫だと思うが、ボールをターンオーバーされた後、攻守切り替えのところのディフェンスにはかなり問題があると思います。PR対BKになったり、ミスマッチになったり難易度が高いと思います。

サンウルブズは結果がなかなか出なくて、かなりプレッシャーがかかっている中でも、今週、選手たちは懸命にあきらめずに努力して頑張って練習していたのは見ていて嬉しく思います。ブルーズもなかなか結果が出せてないのでプレッシャーがかかっています。次の試合では、両チームともしっかりとしたパフォーマンスを出さないといけない試合になるでしょう。

ブルーズにはハイクラスの選手が揃っていますし、ワールドラグビーのプレイヤーオブザイヤーにノミネートされた選手(CTBリエコ・イオアネ)とその兄弟(NO8アキラ・イオアネ)もいるので、そこに対する試合になるので、しっかり戦いたい。


――ハーフ団の評価、狙いは?


ハーフ団というより、スタートで一番いい選手を選んでいる。コンビネーションを意図して選んではいません。SH流はフィットしていますし、非常に熟成したリーダーです。SO田村は3試合目になります。改善の余地はありますが、良くなっていますし、もっと試合時間を与えれば良くなると思います。


――ホセア・サウマキを外した理由は?


外したというより、トゥポウがいけるのであれば先に選ばれましたが、ケガの理由で選ばれなかっただけです。トゥポウはCTBとWTBもカバーできて、キッカーとしても素晴らしく、ライオンズ戦でも100%の率に達していたので彼の名前を挙げています。チームにいろんなキッカーがいるので充実しています。24人選べたら嬉しいですが(苦笑)。



「前を見て進むしかない」SH流大キャプテン

ワラターズ戦ではアタックはしっかり機能していて、自分達のやりたいプレーを100%遂行できていました。しかし勝ち切ることができていない状況で、非常に悔しい思いもありますが、前を見て進むしかありません。気持ちを切り替えて準備に取り組んでいます。今週はディフェンスにフォーカスして週の始めからレビューをしたので、ブルーズ戦では失点をおさえ得点が上回る結果に結び付けたいです。

 

「メンバーが固定できたことで、しっかりとプレーも連携し、いいコミュニケ―ションがとれる」NO8 姫野和樹

厳しい結果が続いていますが、チーム全員まだやってやろうという気持ちがあり、今週もいい練習ができています。ディフェンスをしっかり修正し、個々のタックルの質を上げたいと思います。ブルーズ戦のメンバーは先週に引き続きメンバーが固定できたことで、しっかりとプレーも連携し、いいコミュニケ―ションがとれると思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ