3年目のシーズン・スローガンは「TOP5 in 2018」新たな挑戦がはじまる | Rugby Japan 365

3年目のシーズン・スローガンは「TOP5 in 2018」新たな挑戦がはじまる

2017/12/04

文●編集部


12月4日、スーパーラグビー・サンウルブズが3年目となるシーズンにむけ26名のスコッドを発表した。2月24日(土)に開幕し16試合を戦うサンウルブズ。ホームは8試合(5試合が秩父宮、2試合がシンガポール、残り1試合は調整中)そしてアウェイは8試合(オーストラリア、南アフリカ、ニュージランド)を戦う。

記者会見には、渡瀬裕司CEO、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ。さらにチームに参加する、稲垣啓太、堀江翔太、山田章仁、ウィリー・ブリッツ、ゲラード・ファンデンヒーファーの5選手も、登場した。

新たなジャージ「AOYAMA RED狼ジャージ」を着ている山田章仁(右)と堀江翔太(中央)。赤い太陽に「滝」がモチーフとして加えられた。キモノデザイナー・斉藤上太郎氏がデザイン

新たなジャージ「AOYAMA RED狼ジャージ」を着ている山田章仁(右)と堀江翔太(中央)。赤い太陽に「滝」がモチーフとして加えられた。キモノデザイナー・斉藤上太郎氏がデザイン

 

3年目は『勝負の年』一般社団法人ジェパン・エス・アールCEO渡瀬裕司氏

まず、2018年シーズン、3シーズン目となります。17年最終戦ブルーズ終わっての会見でいろいろな方に来年の抱負を聞かれました。そこで私は『3年目は“勝負の年”です』を申し上げたかと思います。

組織一同、この3年目に向かっていろいろと一致団結してやってきました。本気で1つでも多く勝つためにどうするか。そして競技場を満員するためにどうするか、しっかりと取り組んでいきたい。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ