スピアーズ最終節ワイルドナイツに敗れるも準決勝での再戦にむけ大きな自信となる試合に―SO岸岡智樹「自分たちが何を改善すべきか、何を強みにやるか顕著に出た試合だった」 | ラグビージャパン365

スピアーズ最終節ワイルドナイツに敗れるも準決勝での再戦にむけ大きな自信となる試合に―SO岸岡智樹「自分たちが何を改善すべきか、何を強みにやるか顕著に出た試合だった」

2022/05/08

文●編集部


第15節まで2位を守ってきたクボタスピアーズ船橋・東京ベイ。5月7日(土)、最終節の対戦は同じカンファレンスAに所属する3位の埼玉パナソニック ワイルドナイツだった。2006年度以来、約15年の間、勝利できていないディフェンディングチャンピオンに対して、前半は7-8で折り返し、後半30分まで14-14と接戦を演じた。

だが後半の残り10分、「小さなほころび」(SO岸岡智樹)が出てしまい、相手に3トライを献上して14-35で敗れた。順位は入れ替わり、リーグ戦を終えてワイルドナイツが2位、スピアーズが3位となったが5月22日(日)、両者はプレーオフ準決勝で再び相まみえることになった。

スピアーズにとって王者相手に70分までキッキングゲーム、ディフェンスで互角に戦えたことは大きな自信となるはずだ。この試合の反省を糧にスピアーズは再び2週間後にワイツドナイツに挑む。

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ フラン・ルディケHC

スピアーズ会見・立川理道キャプテン(左)とフラン・ルディケHC(右)

スピアーズ会見・立川理道キャプテン(左)とフラン・ルディケHC(右)


シーズン上位にいたチームとここまで戦えたことは良かった。ラスト10分はスコアボードで試合が決まったところもあったが、今後につながるスモールビクトリー、小さな勝利も多く見られました。準決勝に対してとてもエキサイティングな気持ちですし、この試合でもチャンス自体は多く作れた。22mに入ったあとの正確性、取り切れなかったところ、プレッシャーをかけきれなかったところを変えていかなければならない。結果には満足はしていないが、問題自体は簡単に修正できると思う。リカバリーをしっかりやって準決勝に備えていきたい

――前半にメンバーを何人か交代させたが


ケガ人に関しては重傷ではなく、準決勝を踏まえて念のために下げたという感じです。後は替わった選手もインパクトを残してくれた。

CTBハラトア・ヴァイレアは前半16分で負傷交代。

CTBハラトア・ヴァイレアは前半16分で負傷交代。


――HOマークス、SOフォーリー、CTBクロッティ、LOボタの4人は2週間後、出られそう?


4人とも2週間後に向けて、メディカルチームがハードワークしてくれているのでいい感じで戻ってきてセレクションに入ってくると思います。影響力もあるので、戻ってきてくれれば非常に嬉しい。


――スモールビクトリーとは具体的に?


キックゲームのところが大事になるとわかっていたが、ワイルドナイツがキックに来たところでしっかり我慢できたところや22mに入りチャンスの中で2トライ取れたところは良くやってくれたと思います。ミスなどをしっかり学んで、こういう接戦に勝つには、取れるところで取る精度、正確性だと思う。

――個々の戦術理解に関して


14点で同点にしてから、5分、10分で、そこからフィニッシュに持って行けなかった。ワイルドナイツに2トライを取られたところは接戦ではなくなったが、昨季と比べても根本が違う。選手のスキル力、遂行力も上がっていますし、ボールを動かすことも良くなっている。全体的に確実に良くなっている。プレーオフに向けて、正確性だったり取り切れるところを取っていくことをターゲットに修正していきたい


クボタスピアーズ船橋・東京ベイ CTB立川理道キャプテン

すごくいい雰囲気の中、試合ができた。パナソニックが80分を通して、上手くコントロールしたかなと思います。後半の中盤まで対抗できていたと思いますし、ラストの10分間の中でスコアできず、逆に 相手に取られてしまったのがパナソニックの強さだと思うので、受け止めて準決勝に向けて準備していきたいと思います。


――2週間後にも対戦するワイルドナイツ、後半、特に強いですが、どんな対策をして臨んだか?


パナソニックはラスト20分でいろんな試合を逆転に持って行っているのは、FWのセットやペナルティーとってPGを取って、リーグで最も多いPGの数で、点差縮めてプレッシャーかけていく。自分たちも同点になってから、スクラムのペナルティーなどで相手にスコアで有利に立たれた。

そこは予想していた通りというか、自分たちが嵌ってしまった部分があったと思うので、今は負けを活かしていかないとセミファイナルは勝てないと思いますし、そういうところも含めて今はポジティブに考えているので、しっかり修正していきたい。しっかり準備さえして、2週間後ですけど、うまくチームを持っていけばしっかり勝てると思っているのでいい準備をしたい。

――準決勝には国際経験のある選手が何人か戻ってきます


若い選手とか、少しケガ人が出てもチームの中でやりくりしながらパフォーマンスを出し続けられたと思うので、チームにとって、いい自信になった。どういうメンバーになるかわからないが、今日出たメンバーを中心に準備していくことが大事になってくる。そういう選手が戻ってくればさらに良いプレーをしてくれるんじゃないかなと思います。 

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ SO岸岡智樹

――今日の試合を振り返って


自分たちにフォーカスして自分たちのやりたいことをやろうとした。特に前半は自分たちの良い形で試合を運べた。後半もそうしようとしたが、小さなほころびが最終的なスコアにつながった。

パナソニックはキックをつかってくる。できるだけパナソニック陣地で試合をしないようにしてくる。クボタもそれもやりたい。互いにキックを使っていくのかなと試合前から容易に想定できた。そこに対して自分自身も多彩なキックを使って、相手が嫌がるようなことをした。そこの攻防を前半は見られたかなと思います。


第13節のGR東葛戦以来の出場となった岸岡智樹

第13節のGR東葛戦以来の出場となった岸岡智樹

――「小さなほころび」とは?


キックだけではないが、ブレイクダウンや後半のペナルティーから失点に結びついたところが多かったと思います。


――バックスペースに蹴ったが、相手のFB野口竜司も上手かった


後ろのスペースのカバーの能力に長けていると後輩ながら思っていて、そこに対して、意図的に、最初はスペースはないが、カバーした選手は一人なので、そこにプレッシャーをかけようとした。それは根塚がトライをしたシーンにもつながるし、自分たちが積極的に攻められたと思います。


――パナソニックのディフェンスをどう崩す?


ゲームをコントロールする上で、パナソニックのディフェンスを崩し切るのは他のチームより難しい。ディフェンスがかなり厚いと感じていた。できるだけ自分たちが戦うエリアを間違わないことが自分もチームもフォーカスポイントにあったかなと思います。

特に前半の最後などは、相手陣に、ペナルティーでいってラインアウトモールでトライができた。そういうことができればクボタの大きいFWが活きてくるし、ゲームコントロールをして、それは自分たちの自信にもつながった。


――相手の強さはどんなところに感じる?

おそらく考えられるのは、パナソニックはあの形(ターンオーバーからのトライ)をやりたい僕らがやられたくないというところですね。


後半38分にFWがブレイクダウンでプレッシャーをかけ、相手に余裕がない状態で放ったパスを竹山晃暉にインターセプトされる

後半38分にFWがブレイクダウンでプレッシャーをかけ、相手に余裕がない状態で放ったパスを竹山晃暉にインターセプトされる

――2週間後も対戦するパナソニックに対しての印象は?


それぞれ試合を見ていて、やってみて、大きく差を感じたところはまったくなかったと思います。パナソニックのやりたいラグビーはこういうラグビーで、こういうことをやられたくないとお互い体現し、それがスコアにあらわれた。自分たちが何を改善すべきか 何を強みにやるか顕著に出た試合だった思うので、2週間後に再戦してもおそらく同じような展開になるし面白い試合になると思います。その中で、自分たちのやりたいことを崩してしまった方が最後負けると思う。そこが拮抗した勝負になる。

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ WTB根塚洸雅

東海大大阪仰星の先輩・野口竜司とのマッチアップ

東海大大阪仰星の先輩・野口竜司とのマッチアップ


自分たちがやろうとしている良いアタック、ディフェンスを仕掛けることができたのでいい学びになった。自分たちのミスでやられたのが今日の結果になったので、2週間後につなげられればいいなと思います。


――パナソニックの強さはどんなところで感じた


反応のスピードですね。僕がミスしてトライ取られたところも、蹴ってから動き出しのスピードが、攻めているのもあると思うが、動き出しの一歩が速かった。ワンタッチに気づかず、そのまま押さえたらインゴールだと思ったので、判断ミスが学びだった。

反応のスピードは予測できているかできていないかの差だと思うので、相手に攻められて戻るというところで遅くなったが、僕たちが攻めていれば一歩早くなれると思う。予測のスピードは自分たちで改善できればいいなと思います


――2週間後、パナソニックと再戦します。


ラスト20分で巻き上げてくることが多いので、次の試合もそこの我慢比べだと思います。そこで逆に自分たちが強みを出せれば、逆の結果に持っていけると思います。そこに持って行けるように2週間、準備していきたい。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ