「いいスタンダードを作りたい」ジェイミー・ジャパン、初のティア1連勝をかけ嵐の中練習を開始 | Rugby Japan 365

「いいスタンダードを作りたい」ジェイミー・ジャパン、初のティア1連勝をかけ嵐の中練習を開始

2018/06/12

文●斉藤健仁


イタリアに37−14で快勝したジェイミージャパンことラグビー日本代表は、11日、第2戦にむけ練習を開始した。

ラン16回、120mとジャパンの中で最も多くの距離を走ったNO8アマナキ・レレィ・マフィ

ラン16回、120mとジャパンの中で最も多くの距離を走ったNO8アマナキ・レレィ・マフィ

――嵐の中でのイタリア代表との第2試合向けての練習スタートでした。


オーガナイズ系だけです。若干痛んでいる選手もいます。先週のボールインタイムがすべてのテストマッチの中で(日本代表が)ダントツ長かった。オールブラックスが26分で、日本代表が40分でした。こちらは30度、ニュージーランドはむちゃくちゃ寒い中での試合でした。フィットネスレベルで考えればいい兆しです。今日はリフレッシュすること、オーガナイズすることにフォーカスしました。


第1戦ではイタリアCTBカンパニャーロの突破を許し失点につながった

第1戦ではイタリアCTBカンパニャーロの突破を許し失点につながった

――コンディショニングを考えたメニューだったのですか?


月曜日はこういう形です。先週はプラムツリーが久しぶりの参加だったので、量を多くしました。火曜日はフィジカルデーで、セットピースもやります。3日前に試合をしたばかりで、1週間でそこまで大きな変化はつけられない。マインドセットとメンタル面を整えることがより大事になります。プレッシャーがかかったところで改善することが何点かあります。

タックルミスが何本かありました。ディフェンスは良かったですが、ミスタックルも目立ちました。相手は攻撃の40%を失っていて、ターンオーバーして(攻撃できたのに)、でもそのミスをこちらの有利な形に持っていくことが出来なかった。ターンオーバーのボールを有効に使うことができずに、プレッシャーかけてポイントにつなげていかないといけなかった。そこが最重要課題です。


プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ