「ディフェンスについて取り組んできたことが今日発揮できた」80分間、相手の強力FWを止め続けた―PR稲垣啓太 | ラグビージャパン365

「ディフェンスについて取り組んできたことが今日発揮できた」80分間、相手の強力FWを止め続けた―PR稲垣啓太

2019/09/29

文●編集部


19-12でアイルランド代表に勝利した日本代表。前半から、アイルランド代表の分厚い攻撃をダブルタックルで食い止め、相手にアタックの勢いをつけさせなかった。PR稲垣啓太は試合後の囲み取材で「毎日毎日、スコット・ハンセンDFコーチと個人練習で積み上げてきたことの成果を出すことができた」と話した。


先発だろうがリザーブだろうが選手の気持ちはあまり変わりはないですね。今日の雰囲気はみんなやっぱり違いました。緊張はあったと思いますけど、開幕戦のように慌てることはなかったです。最初の5分の入るは日本の方が良かった。

――逆転トライにつながったスクラムの場面、トライがとれるイメージはありましたか?


ありましたね。どういうふうにしてスペースを作るのか。そういうことがFWとして役割を遂行できていました。早くボールも出せていましたし。あとは相手をどれだけトラップ(罠)にかけるかということでした。

――堀江翔太選手とのコンビネーションについて


堀江さんが何かしようとするときに何か話さなくても感じることができるようになった。スクラム組みながら、今こういうコースに行きたいんだろうなと思って、僕が勝手にコースを変えることがあります。今でも堀江さんから学ぶことは多いですね。

――今日のディフェンスについて


相手がFWを全面に押し出してきて勢いをつけたがっていました。前半はお互い、削り合いというような感じでした。後半20分過ぎて、向こうがピタリと足が止まった。日本は足を止めずにディフェンスラインでスピードあげてプレッシャーをかけ続けました。そこは一つの差だったんじゃないですか。


――今日はリーダーとしての声がけはしましたか?


まずはプレーが切れた時に、全員が一人の声に対して反応することが大事です。自分たちのプレーがうまくいっている時はいいですけれど。やっぱり80分間の中でうまくいかない時間帯はあります。そういう時に集まって何を話すのか。全員がまた一つにつながることが大事。一人の声に反応できているか。聞いているようで見ていない選手いるんですよね。まずは皆が声に反応するようにさせることを気をつけました。

それ以外にも、流とか亮土から声をかけてもらいました。FWの中でバチバチやっていましたけど非常に助かりました。

――アイルランドについて個人的に分析をしていたことがあったと思いますが、ハマった部分はありますでしょうか。


ディフェンスシステムですかね。相手はシンプルなアタックでしたが、シンプルがゆえにそこで勢いをつけられたら厄介。そこをどうやって止めるのか。一時的ではなく、80分通して止めることができるのかが、キーポイントでした。スコッド・ハンセン(ディフェンスコーチ)に毎日ディフェンスを教えてもらって、練習が終わってもタックルの個人練習とか付き合ってもらっていました。そうしてきたことが今日発揮できたかなと思います。

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ