「リコネクト。もう一度積み上げていく」ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ | ラグビージャパン365

「リコネクト。もう一度積み上げていく」ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ

2019/06/11

文●斉藤健仁


10日、ラグビー日本代表は宮崎での合宿をスタートさせた。練習初日は36名が参加した。サンウルブズの南ア・アルゼンチン遠征に参加している、PR三上正貴(東芝)、HO北出卓也(サントリー)、CTBラファエレティモシー、さらにチーフスに在籍するWTBアタアタ・モエアキオラ、負傷のLOグラント・ハッティング(神戸製鋼)、WTBヘンリージェイミー(トヨタ自動車)は欠席となった。初日は3部練習。夜はスクラム練習が行われた。練習後、ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチが取材に応じた。

3年間築き上げてきた文化を新たに入ってきた選手たちにメッセージを与えた

――いよいよ宮崎合宿が始まりました。初日の雰囲気は?


ジェイミーHC 今回、エキサイトして入ってきた選手もいれば、緊張感を持って入ってきた選手もいます。なぜかというと、宮崎ではハードに追い込む練習が多かったので、それを想定して入ってきた選手もいる。今回、3つあるうちの第1回目で、実際に試合が始まるのはまだまだ先で、「ファンデーション2と名付けていて、ここから積み上げていく。PNC(パシフィックネーションズ・カップ)をフォーカスにおいて、今回の合宿ではまた改めてつながりあう、リコネクト、リコンディショニング(を念頭において)、今まで築き上げたものを一新して、積み上げていくのが今回の合宿の目的です。

代表に合流したボニこと、ウォーレンボスアヤコ(右)

代表に合流したボニこと、ウォーレンボスアヤコ(右)

――選手たちに最初のミーティングで何を伝えた?


まずはリコネクトすること。初参加した選手も、2019年になって久々に入ってきた選手をチームとして歓迎して、リコネクトすることによって、そしてチームが3年間、築き上げてきた文化、どういう取り組みをしてきたか説明して、ワンチームになるために、各選手に何が求められることの説明、各選手がやりやすいような環境のメッセージを与えました。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ