このチャンスを逃さない―ロシア戦で初キャップ・CTB梶村祐介 | Rugby Japan 365

このチャンスを逃さない―ロシア戦で初キャップ・CTB梶村祐介

2018/11/24

文●編集部


いよいよ24日、日本代表は今シーズンテストマッチ最終戦でロシア代表と対戦する。試合登録メンバーに選ばれたCTB梶村祐介(サントリー)はこの試合に出場すれば初キャップを果たす。エディージャパン時代に選ばれてから、今まで代表のジャージを着て出場するまでの成長を振り返ると共に、思いを訊いた。

このツアーに選ばれてからロシア戦をターゲットにしてきた。

――今回はメンバー入りしてから、試合出場機会がありませんでした。

このジャージを着ることが一つの目標でもあったので、初代表読んでいただいてから(試合に出場するまで)時間はかかりましたけど、このジャージを着て戦えることをすごく嬉しく思っています。


――合宿期間どんな思いで準備をしてきましたか?


いきなりこの数週間でスキルレベルが上がったりすることはないと思っていました。チームのやろうとしていることを理解して、自分に求められるものをしっかり遂行できるよう準備をしてきました。


――求められるものは?


この代表に呼んでいただいた一つの要因が「ボールキャリー」の部分だと思っています。サントリーでそこを評価していただいていると思うので、ボールキャリーの部分は出していきたい。今回ロシアの12番・13番がフィジカルな(が強い)選手なので、そこに対抗できることが自分に今求められていることだと思います。

――オールブラックス、イングランド戦で出場出来なかったことに対してもどかしい思いもあったのでは


自分の中では、経験ないのでああいったビッグマッチに選ばれる可能性は低いと思っていたので、このツアーがはじまる前に、ロシア戦を自分としてのターゲットにして、この試合チャンスをいただけたら、しっかりとそのチャンスを活かせるよう準備をしていました。


――初キャップでジェイミーヘッドコーチも期待していると言われていました。途中からの出場となりますが、試合の中で自分がやらなければならないことは?


ボールを持ってゲインラインを取りに行くことができないと、自分が出場させてもらっている意味がないと思っています。ボールを持ったらしっかりとゲインラインをきる。必ずやり遂げたい。


――緊張していますか?


まだしていないです。キックオフの笛がなると多少は(緊張)してくると思いますが、今はリラックスできています。

――初めて代表に呼ばれたのは高校生の時でした。ここまで6年間、ここに来るまで。

当時は高校生の時に呼ばれました。当時は実力がないにもかかわらず、経験という意味で呼んでいただけたのに、自分自身は勘違いしていたなと感じます。大学の4年生を除いた3年間ではあまり伸びれなかったなと感じていました。

4年生の時に、チームが新体制になって、自分の中で少し変化があって、変わり始めてサントリーに入って少しずつ、自信が生まれてきました。やっとチャンスをいただけたのでこのチャンスを逃さないようにいいパフォーマンスを発揮したいと思います。

 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ