アタアタ・モエアキオラ「フィジカルでインパクトを与える」南アフリカ戦で久々の実戦 | ラグビージャパン365

アタアタ・モエアキオラ「フィジカルでインパクトを与える」南アフリカ戦で久々の実戦

2019/09/05

文●編集部


スーパーラグビー、チーフスでのパフォーマンスを評価され、代表に招集。怪我のためPNC(パシフィック・ネーションズカップ)に出場することはできなかったものの、最終網走合宿での評価を受けワールドカップスコッドに選ばれたWTBアタアタ・モエアキオラ(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)。6日に行われる南アフリカ戦で久々の実践復帰となる。ジョセフHCも「経験値あるチームに、自分の力を示す機会になります。彼がどのくらいのパフォーマンスを出してくれるか楽しみ」と期待を寄せている。

――代表スコッドに入ったことに


とても嬉しいです。ちょっと足を痛めてしまってパシフィック・ネーションズカップのチャンスを得ることができませんでした。アピールするチャンスは網走(合宿)しかないと思って、やるしかないと思いながらやりました。


――選ばれた理由は何だと思いますか


わからないですけど(笑)。自分の強みであるフィジカルとランでそれを練習でずっとアピールしてきました。それが評価されたのかなと思います。


――ジェイミーやブラウニーから何かアドバイスをもらったことは


BKコーチのブラウニーには「チームのシステムがまだまだ」と言われました。最初の宮崎合宿に参加した時は、自分の役割を覚えようとしました。まずはそこから。後からチームのシステムとかを覚えました。

――チーフスでの経験


たくさん成長、いろいろなところで学ばせてもらいました。ラグビーでは、基本のことをちゃんとやるということを言われました。自分のラグビー選手としてのバランスを保つ。フィジカルだけ、それだけではあまり良くないと。それがいい選手につながると言われました。

タックルとか、ブレイクダウンとか、基本的な部分です。そこをちゃんとやりました。



――スコッドに選ばれた時、最初に誰に伝えた?


お父さんとお母さん。ミーティングが終わってすぐ連絡しました。向こうも「嬉しい」といってくれました。



――ワールドカップとはどんなイメージをしていますか?


本当に、ラグビー選手の憧れの場所。今年は自分の国でやる。日本にとっては大きなこと。自分にとっても。日本に来た時に、ずっと日本代表になりたいと思っていました。たくさんの方からおめでとうというメッセージをもらいました。

――トンガでワールドカップを見たことは


トンガにいた時はニュージーランドか、オーストラリア代表としてワールドカップに出たいとしていました。ジョナ・ロムー選手はリスペクトしていました。日本から先にオファーがあって日本にきました。

――試合から離れてしまいましたが不安は?


プレッシャーありますけど、ラグビーの試合のような練習をやっているので。準備はできているかなと思います。


――日本代表とチーフス、練習内容は?


もちろん、日本代表の方が大変です。チーフスの時はもう、シーズンが始まっていたので。大変な練習はしないので。こっちは、試合とかなかったので。準備期間だったので厳しい。今の方が大変です。



――インパクトプレーヤーとしての期待に対してどんなプレーをしたい?


フィジカルでインパクトを与えます。(南アに対しても)やってみないとわからないですが、試合に出たらがんばります。

▼日本代表選手31名のプレイヤーズファイル

プレイヤーズファイル・日本代表 | ラグビージャパン365

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ