ジェイミージャパン初招集のFB藤田慶和「焦りはある。2019年は全試合出たい」 | Rugby Japan 365

ジェイミージャパン初招集のFB藤田慶和「焦りはある。2019年は全試合出たい」

2017/09/17

文●編集部


9月15日、16日の両日に行われた、日本代表候補選手強化合宿「第5回NDSキャンプ」に、ジェイミー・ジャパンになって、初めて招集されたFB藤田慶和(パナソニック)。

藤田同様に初召集されたアンドレ・テイラー(宗像サニックス)、松島幸太朗(サントリー)、6月に活躍した野口竜司(東海大4年)、さらに今シーズン、トップリーグに復帰した五郎丸歩(ヤマハ発動機)など、競争が激しいFBで存在感を示していかないといけない藤田が思い描く2019年に向けたアピールとは。

(招集されたことは)「正直びっくり。このチャンスをものにしたい」

――2015年W杯以来、久しぶりの代表合宿です。


藤田 2日間だけですし、初めてジェイミーと話しました。フィットネステストもまあまあです。満足する結果ではないですけど、次のNDSキャンプに呼ばれるまでにフィットネスを上げていきたい。ジェイミーには課題も言われました。昨日、1on1のミーティングをしました。そこでは現状や今後のこと、プレーのこととか色々話しました。プレーに部分はブラウニー(トニー・ブラウン)から話がありました。

――代表から離れていた分これからアピールしていかなければならない?

アタックの部分はすごく認めてくれている部分もあるのでそこは中心的にアピールしていきたい。課題もしっかりできるようにならないのでそこは、やりながら強みをどんどん出してアピールしていきたい。

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ