一番大きなチャレンジは「ティア1のチームと戦うメンタルチャレンジ」ジェイミージャパン、東京合宿開始 | Rugby Japan 365

一番大きなチャレンジは「ティア1のチームと戦うメンタルチャレンジ」ジェイミージャパン、東京合宿開始

2018/06/04

文●斉藤健仁


6月のテストマッチ3連戦にむけ、宮崎で1週間合宿を行ったラグビー日本代表は4日から東京で最終合宿をスタートさせた。練習後、ジョセフヘッドコーチが取材に応じた。

「全てのテストマッチが重要」

――東京合宿の目的は?


ジョセフHC この暑さがいい準備になります。テストマッチの週なので、今日は落とし込みを行いました。スーパーラグビーではないので、ボーナスポイントは狙っていません。アプローチは変えます。宮崎の合宿から非常にいい準備できています。

選手たちの取り組みも素晴らしく、やる気に溢れています。土曜日に対戦するイタリア代表はティア1の強豪国なので、プレッシャーがかかります。イタリア代表はシックスネーションズなどタフな大会に参加していますし、2016年には南アフリカ代表にも勝利しました。自信もつけているでしょう。だから困難なチャレンジになります。

イタリア代表・FBミノッツイ

イタリア代表・FBミノッツイ

――選手、1週間、宮崎で合宿できた意義は?


先週の月曜日と今週の月曜日は見ての通り違うと思います。かなりボリュームを抑えています。今週は戦術面とメンタルを整えます。


――長野にもイタリア選抜対ヤマハの視察に行きました。


宮崎から遠かったです。長野はいいところですね。母国を彷彿させるところでした。非常に暑かったですが、ヤマハはベストコンディションではなかったでしょう。序盤はヤマハがイタリアにプレッシャーをかけているところもありましたが、イタリアはあまり手の内は明かさなかった。

控えめな展開、試合をしていました。セットプレーからのアタックもシンプルでしたが、オフロード(パス)が非常に多くあって、ヤマハに大きなプレッシャーかけていました。我々はその罠にはまらないようにしないといけません。

 

プレミアムコラム

この記事は有料コンテンツです。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ