日本代表・宮崎合宿レポ、トンプソンルーク、堀江翔太の想い | ラグビージャパン365

日本代表・宮崎合宿レポ、トンプソンルーク、堀江翔太の想い

2019/06/11

文●斉藤健仁


10日から宮崎合宿をスタートさせたラグビー日本代表。代表招集でサプライズ選出となったLOトンプソンルーク(近鉄)。サンウルブズでトップレベルでのパフォーマンスを見せ代表復帰を果たした。ケガによる長い期間のリハビリから復帰したHO堀江翔太(パナソニック)。2015年を経験した、日本にとっては貴重な存在である二人が、初練習を終え取材に応じた。

「俺は努力の選手。それをやる」トンプソンルーク

久しぶりだから、僕はニューフェイス。下からだから頑張りたい。みんな知っているけど、このチーム3年間(やってきた)。僕は外からだし、一番下からだからベストをだして。自分の仕事は、フィットネス。ベスト出していろいろやっていきたい。最初から自分の仕事だね。


――サンウルブズでやってまだできる手応え?


サンウルブズのレベルはトップリーグより高い。だからいい体とメンタル。メンタルリフレッシュ、新しいチーム、雰囲気。楽しいラグビーやって、それからこのチーム入った。メンタルリフレッシュしてよかった。


――この合宿よばれて


しんどい! まだ終わってないよ! 綺麗な場所、綺麗なホテルだけどしんどい練習。最初の日はチームはいい雰囲気。プロの雰囲気は素晴らしい。


――W杯にでれるチャンスが残ったが


42名、W杯に出たいけど、スコッドは31名。それは今考えないけど、毎日、毎日アピール。ベストだしたい。1日(1日)に集中。最初の10日間、フィットネス上げて、コンディショニング。最初ね。だからウェイト、フィットネストレーニングちゃんとやってベストだしてアピール。コンタクト練習やったら最初から100(%)。ウォームアップではなく、最初から(ベスト出す)


――31名に残るには?


ちゃんと自分の仕事(をすること)ね。それだけコンセントレート(集中したい)。自分の仕事はミス少な(くする)、セットピース、ディフェンス。僕はナキ(アマナキ・レレィ・マフィ)ではない。ビッグプレー(するような)選手ではない。俺は努力の選手。それちゃんとやる。

アイルランド戦・けが人続出で急遽招集されたが素晴らしいパフォーマンスを見せた。

アイルランド戦・けが人続出で急遽招集されたが素晴らしいパフォーマンスを見せた。

――NZでどういう過ごし方?


家族と一緒に。ちょっと練習やって、牧場の仕事をした。体は少し。2日間だけ休み。メニューあった。ジョンジーから。メンタルリフレッシュして、牧場の仕事ちゃんとやって。ラグビーから(離れること)大事。


――アイルランド戦後、ワールドカップ出場について「ネバー・セイ・ネバー(絶対にないとは言わない)」と答えていましたね。今、それが実現近くなっています。


俺もびっくりだね! もし1年前、同じ質問されたら、俺も無理。けどラグビーキャリアは短い。体は大丈夫、メンタルいい感じだから頑張りたい。サンウルブズ、僕のプレーは悪くなかった。だから、このレベルでまだできる。今からたぶんチャレンジ。


プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ