「釜石はラグビーワールドカップを象徴する場所」-ワールドラグビー、ピチョット副会長に訊く | ラグビージャパン365

「釜石はラグビーワールドカップを象徴する場所」-ワールドラグビー、ピチョット副会長に訊く

2019/11/10

文●大友信彦


ワールドカップ決勝が行われた翌日、都内のホテルで「ワールドラグビーアワード2019」が開かれた。

世界のラグビーのその年の「最高」を表彰する、とても高い格式を持つアワード。そこでは、ラグビー界のVIPたち、2020年代の世界のラグビーを動かすキーマンと呼ばれる人たちがが次々と現れた。

その中に、40代前半という異例の若さでワールドラグビー副会長の要職についた、元アルゼンチン代表主将、アグスティン・ピチョットもいた。

ミックスゾーンに現れたピチョットに聞く。日本のワールドカップを見届けて、どんな印象をお持ちですか?その質問を聞いたピチョットは、答える前に記者に体をぶつけてきた。記者とピチョットは1999年からのつきあい、もはや旧友なのだ。


「よく知ってる顔がいるとホッとするよ」
そう言ってから、ピチョットは話し始めた。
「本当に、このワールドカップは言葉に出来ないくらい素晴らしい。今日ここに来る前にもちょうどツイートしたところなんだ」

ピチョットのツイートとは、以下のような内容だった。

「なんというワールドカップだ!日本よ、ワールドカップを、これほどまでに特別なものにしてくれてありがとう。ボランティアはみな素晴らしく、誰もが魔法使いのように人々を笑顔にしてくれた。それは我々にとって最も重要な部分であるプレイヤーにとっても同じだった。あなたがたの誠意と情熱に、そして世界中の若い世代に気付きを与えてくれたことに感謝します」


「そして新興国のみなさんへ(ティア2という呼び名は良くない)。みなさんに課せられてきた不利な条件(ゲーム間隔や助成金の格差是正)を軽減化してきた作業は素晴らしいと思う。我々は、よりバランスの取れた公平な未来を実現するよう努力を続けます」

「地震も台風もラグビーワールドカップを開くという人々の気持ちを止めることはできなかった」

「そして最後に、このRWCを楽しんでいるすべてのファンのみなさんへ。これからも週末は、この素晴らしく魅力的なスポーツを楽しみ続けましょう。私たちには素晴らしいゲームがある。それを『世界中で』より大きくするために努力を続けましょう」


そしてピチョットは、自ら「釜石」について語り始めた。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ