ギャラリー・第100回慶應義塾・同志社ラグビー定期戦「レジェンドマッチ」 | ラグビージャパン365

ギャラリー・第100回慶應義塾・同志社ラグビー定期戦「レジェンドマッチ」

2017/05/18

写真●大友信彦


2017年5月4日、秩父宮ラグビー場で日本最古の大学ラグビー定期戦である「第100回慶應義塾・同志社定期戦」が行われた。現役の定期戦、慶応義塾幼稚舎と同志社小学校の定期戦に加え、若手OB戦、シニアのOB戦mそして昨年10月に逝去した平尾誠二氏を追悼し、1985年1月大学選手権決勝戦の出場メンバーを中心としたOB戦「レジェンドマッチ」(15分)が行われた。

小学生の試合も激しいブレイクダウンの応酬だった

小学生の試合も激しいブレイクダウンの応酬だった

 

レジェンドマッチに集結した1984年度決勝メンバーら

レジェンドマッチに集結した1984年度決勝メンバーら

 

1984年度決勝メンバーの、左から玉塚、村井、浅田、松永(慶)、斎藤レフェリー、大八木、土田(同)、生田(慶)の各選手

1984年度決勝メンバーの、左から玉塚、村井、浅田、松永(慶)、斎藤レフェリー、大八木、土田(同)、生田(慶)の各選手

 

同大の東田、慶大の松永、両主将を先頭に、戦い終えた小学生をレジェンドがハイタッチで迎える

同大の東田、慶大の松永、両主将を先頭に、戦い終えた小学生をレジェンドがハイタッチで迎える

 

入場を前に、両主将が改めて握手

入場を前に、両主将が改めて握手

 

同大のNo8は土田サントリー元監督。ジャージーを着たのは「現役引退以来初めて」

同大のNo8は土田サントリー元監督。ジャージーを着たのは「現役引退以来初めて」

 

試合前には平尾さんへの黙祷が捧げられた

試合前には平尾さんへの黙祷が捧げられた

 

 

下井真介さんの笛で、慶大SO浅田がキックオフを蹴る

下井真介さんの笛で、慶大SO浅田がキックオフを蹴る

 

キックオフを捕球した同大No8土田

キックオフを捕球した同大No8土田

 

積極的にランプレーを仕掛けた慶大SO浅田。サポートにつくのはFL玉塚・元ローソン会長

積極的にランプレーを仕掛けた慶大SO浅田。サポートにつくのはFL玉塚・元ローソン会長

 

同大CTB福井が先制トライを決める

同大CTB福井が先制トライを決める

 

同大WTB山川のパワフルな突破

同大WTB山川のパワフルな突破

 

同大・山川にタックルする慶大WTB渡瀬・サンウルブズGM(左)とPR橋本

同大・山川にタックルする慶大WTB渡瀬・サンウルブズGM(左)とPR橋本

 

同大がモールを押す

同大がモールを押す

 

元日本代表SOの同大・松尾が鋭いステップでDFを突破

元日本代表SOの同大・松尾が鋭いステップでDFを突破

 

1987年W杯日本代表の慶大SH生田がサイドを突破

1987年W杯日本代表の慶大SH生田がサイドを突破

 

当時慶大唯一の1年生メンバーだったLO柴田

当時慶大唯一の1年生メンバーだったLO柴田

 

負傷した慶大PR中野に両チームの選手が心配そうに歩み寄る

負傷した慶大PR中野に両チームの選手が心配そうに歩み寄る

 

慶大SO浅田のハイパント

慶大SO浅田のハイパント

 

両チームがゴールライン上でハイパントを競り合う!

両チームがゴールライン上でハイパントを競り合う!

 

こぼれ球に追いついたのは同大WTB山川

こぼれ球に追いついたのは同大WTB山川

 

激突した2人が互いをたたえる

激突した2人が互いをたたえる

 

同大LO林が途中出場し、「林&大八木」のレジェンドペアが復活!

同大LO林が途中出場し、「林&大八木」のレジェンドペアが復活!

 

同大の元三洋電機SH児玉、鮮やかなダイブパスは健在!

同大の元三洋電機SH児玉、鮮やかなダイブパスは健在!

 

同大CTB東田主将(12)、絶好のトライチャンスだったが…ノックオン「平尾の『何しとんねん』って声が聞こえました(笑)」

同大CTB東田主将(12)、絶好のトライチャンスだったが…ノックオン「平尾の『何しとんねん』って声が聞こえました(笑)」

 

同志社が5−0で勝利。喜ぶ同大フィフティーン

同志社が5−0で勝利。喜ぶ同大フィフティーン

 

健闘をたたえ合う

健闘をたたえ合う

 

続いてシニアマッチ。同大の主将は第1回W杯で日本代表監督を務めた宮地さん76歳

続いてシニアマッチ。同大の主将は第1回W杯で日本代表監督を務めた宮地さん76歳

 

黄色パンツは70歳超、赤パンツは60歳超

黄色パンツは70歳超、赤パンツは60歳超

 

シニアマッチも激しいタックルの応酬だった

シニアマッチも激しいタックルの応酬だった

 

若手OBマッチの主将は慶大がSO廣瀬(東芝)、同大がHO荻原(クボタ)

若手OBマッチの主将は慶大がSO廣瀬(東芝)、同大がHO荻原(クボタ)

 

シニアマッチ出場選手集合

シニアマッチ出場選手集合

 

レジェンド、林さんを中心に

レジェンド、林さんを中心に

 

若手OBマッチも激しい攻防が続いた

若手OBマッチも激しい攻防が続いた

 

若手OB戦戦い終えて

若手OB戦戦い終えて

 

戦い終えた若手OB集合

戦い終えた若手OB集合

 

この試合で引退する望月(左)の花道へ猪口、廣瀬両東芝OBが駆けつけた

この試合で引退する望月(左)の花道へ猪口、廣瀬両東芝OBが駆けつけた

 

この日で現役引退の君島、望月両選手(左から)を仲間が祝福

この日で現役引退の君島、望月両選手(左から)を仲間が祝福

 

出場できなかった慶大OB若林さんを囲んで。慶應&同志社、互いのファミリーの結束とライバルの大切さを改めて感じさせる1日だった

出場できなかった慶大OB若林さんを囲んで。慶應&同志社、互いのファミリーの結束とライバルの大切さを改めて感じさせる1日だった

 

大友信彦
(おおとものぶひこ)

1962年宮城県気仙沼市生まれ。気仙沼高校から早稲田大学第二文学部卒業。1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』(文藝春秋)で活動。’87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

プロフィールページへ


 

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ