早稲田連覇へ王手!帝京との接戦を制し決勝進出 | ラグビージャパン365

早稲田連覇へ王手!帝京との接戦を制し決勝進出

2021/01/03

文●編集部


1月2日、秩父宮ラグビー場では第57回全国大学ラグビー選手権大会・準決勝、早稲田大学対帝京大学の一戦が行われた。

前半4分、帝京大FB奥村が先制PG

前半4分、帝京大FB奥村が先制PG

帝京大が前半4分、ファーストスクラムで帝京がPKを獲得。ショットを選択し、FB奥村翔が落ち着いてPGを決めて先制。

モールで押し込む早稲田

モールで押し込む早稲田

早稲田は、前半5分、相手ペナルティーからショットではなくタッチキックでトライを選択。ラインアウトモールからHO宮武海人がトライ。SO吉村紘がコンバージョンを決めて7-3と逆転。

プレミアムコラム

この記事の続きを読む。

購読手続をすると全ての内容をお楽しみいただけます。
メールアドレス
パスワード

記事検索

バックナンバー

メールアドレス
パスワード
ページのトップへ